ウルフルズ&大原櫻子『映画 ちびまる子ちゃん』に楽曲で参加

フジテレビで放送中の国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』(毎週日曜18:00)の放送25周年を記念して、12月23日(水・祝)より23年ぶりとなる劇場版を公開。そのエンディングテーマにウルフルズ、挿入歌に大原櫻子が参加することがわかった。

ウルフルズが楽曲を提供するエンディングテーマ「おーい!!」は、トータス松本が作曲を行い、作詞を原作者のさくらももこが担当。ウルフルズが、メンバー以外による作詞の楽曲を提供するのは今回が初めてとなる。そして、シンガーとしても女優としても注目を集める大原が歌う挿入歌「キミを忘れないよ」も、さくらももこが作詞を手がけ、音楽プロデューサーの亀田誠治が作曲。大原としては初のラブバラードとなる。さらに、オープニングは、テレビアニメの初回から愛され続けている「おどるポンポコリン」(作詞:さくらももこ/作曲:織田哲郎)を亀田誠治がアレンジし、大原が歌い、トータスがコーラスで参加するスペシャルバージョンが用意される。

さくらももこが、2組のアーティストについてコメント。まず大原については「ちょっとまる子に似ているなぁと思っていたので、まる子の映画の挿入歌を歌っていただけて本当にうれしかったです。この歌は、淡い恋の思い出を呼び起こすような切なくノスタルジックな曲ですが、作曲の亀田さんがイメージをとてもわかって下さり、何度聴いても涙が出てしまうような素晴らしい作品になりました。櫻子ちゃんの歌声が胸にしみます」と語り、ウルフルズについては「エンディングには、男子の元気いっぱいで純粋な切なさのある曲というのがイメージでした。これはもう、ウルフルズしかあり得ないと思いお願いしました。できあがってきた歌のピッタリだったこと!! これぞ求めていた曲、これぞウルフルズ、そう思って大感激しました」とコメント。

一方のウルフルズは「いつもは自分たちで歌詞を作って歌っているので、(さくら先生に歌詞を書いていただくことは)最初はどうなるのかと思いましたが、いただいた歌詞を何度も何度も読んで、自分の中に入れ込んでいく作業はとても面白く、楽しかったです。さくら先生の歌詞から、元気の出る楽しい曲にしたいという想いが伝わってきたので、その想いに引っ張ってもらって曲が完成しました」と話し、大原は「私がまるちゃんと同じ小学三年生の頃は、よく喋る子どもだったので、父親から“うるさくらこ”と呼ばれていました(笑)」と語り「初のラブバラードで、少し切なく、寂しさも感じる胸キュンな歌になっています。ピュアでちびまる子ちゃんらしい、私自身も初恋を思い出すような、誰もが共感できる歌詞です」と楽曲をアピールしている。