杉咲花主演『アンメット ある脳外科医の日記』第1話のTVer再生数が200万回を突破!

公開:
「アンメット ある脳外科医の日記 #1 私の記憶は一日限り…記憶障害の脳外科医再生の物語」を見る(配信終了まで1週間以上)

杉咲花が主演を務める月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)。4月15日に放送された第1話の民放公式テレビ配信サービス「TVer」の再生数が、200万回を突破した(ビデオリサーチの速報データ)。

本作は、講談社「モーニング」で連載中の「アンメット-ある脳外科医の日記-」(原作:子鹿ゆずる/漫画:大槻閑人)が原作。“記憶障害の脳外科医”という前代未聞の主人公が、目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく新たな医療ヒューマンドラマ。

第1話では、川内ミヤビ(杉咲)とアメリカの大学病院から赴任してきた三瓶友治(若葉竜也)のやりとりが話題に。三瓶は医療行為は一切しないというミヤビの事情を知りながらも、三瓶は「バカ言わないでもらっていいですか? できることはやってもらわないと困ります」と告げて……。ネット上では「素敵なドラマ」「感情が揺さぶられる」とのコメントがあった。

次回第3話は4月29日に放送される。看護師長の津幡玲子(吉瀬美智子)に反発の声が上がる。