『9ボーダー』松下洸平の歌声に絶賛の声「耳が幸せ」【ネタバレあり】

公開: 更新:
「9ボーダー 第1話 19才29才39才…大台目前の3姉妹!幸せになりたいだけなのに」を見る(配信終了まで1週間以上)

川口春奈が主演を務め、木南晴夏畑芽育と初共演で3姉妹を演じるドラマ『9ボーダー』(TBS系、毎週金曜22:00~)が、4月19日よりスタート。コウタロウ役・松下洸平の歌声に、絶賛の声が多く寄せられた(以下ネタバレが含まれます)。

長女・成澤六月(木南)、次女・大庭七苗(川口)、三女・大庭八海(畑)の父が突如失踪。七苗の幼馴染で酒屋の息子・高木陽太(木戸大聖)やアルバイトの梅津剣(伊藤俊介)らが探してもどこにも見つからず、実家で銭湯を営んでいることもあり、経営はどうするかと話し合いに。七苗の指示で、とりあえず実家に住む八海と梅津で経営を続けることにする。

父親がいなくなっても取り乱すことなく、的確に指示を出す七苗。家族の間でも「しっかり者」と言われていたが、それは会社でも。最年少でブランド戦略部の副部長に抜擢されたのだが、キャリアアップによって雑務が増え、大好きだったクリエイティブな仕事が遠ざかり、複雑な思いを抱えていた。

「どうなりたいんだ、私」とモヤモヤした気持ちで帰路についていた七苗は、ストリートミュージシャン・コウタロウの歌声に聞きほれる。後日、雨が降っている中でも歌い続ける彼を見つけ、そっと傘をさし出す七苗。彼の働くバルへと行き、一緒に話す中でコウタロウに惹かれ始めるのだが、彼は1か月前にこのバルの前に倒れており、自分に関することまでも全ての記憶が消えていて……。

SNS上では、松下の歌声に絶賛の声が多数。「なんて美しい歌声!」「耳が幸せ~」「これを毎週聞けるなんて嬉しすぎる」などのコメントが上がっていた。

次回、第2話は4月26日に放送。コウタロウの身元を明らかにするべく、七苗が動き出す。

なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話ダイジェストや出演者によるスペシャルインタビューなどが期間限定無料配信されている。

画像ギャラリー