中村アン“葵”、同級生らに疑いの目?新事実判明で考察合戦「怪しい」

公開:
「約束 ~16年目の真実~ #2「秘密」連続殺人犯がこの中にいる…」を見る(配信終了まで1週間以上)

中村アン主演、横山裕SUPER EIGHT)が共演するプラチナイト木曜ドラマ『約束~16年目の真実~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第2話が4月18日に放送。桐生葵(中村)は、16年前の事件について、同級生たちが隠していた“ある真実”を知らされる(以下、ネタバレが含まれます)。

葵は16年前の連続殺人事件の被害者の兄であり同級生の不破翔(細田善彦)と会った直後、口にビー玉を詰められた梅崎若菜(向里祐香)の遺体を発見。捜査第一係は16年前の事件の模倣犯だと考えるが、葵だけは模倣犯と決めつけるべきではないと反論。調べていくうちに、梅崎が16年前の事件を追っていた記者であることが明らかになる。

そうした中、同級生で映像研究部の仲間だった尾藤恵(佐津川愛美)、飛鳥桃(織田梨沙)に呼び出された葵は、当時、同部で撮影する予定だった、不破が執筆したサスペンス映画のシナリオが完成していたという事実を聞かされる。

シナリオの内容について2人に伏せられたことを不審に思った葵は、その場にはいなかった仲間内の天草勇樹(森永悠希)に連絡を取り、シナリオを見せてもらう。するとシナリオには、口の中にビー玉を詰められた遺体が描かれており、これが書かれていたのは16年前の第1の事件が起こる1週間前だったことが明らかになる。

その場に同席していた刑事の香坂慧(横山)を含め、葵は恵、桃、天草を前に、なぜシナリオの存在を当時、警察に伝えなかったのかと問い詰め、シナリオを読んだ人物が真犯人である可能性を口にする。それを聞いた恵は、事件は葵の父・速水康男(長谷川朝晴)が自供し逮捕されたことで解決済であり、シナリオを読んでいた自分たちが疑われていることに憤慨するのだった。

口では「親友」や「味方」だと言うものの、違和感を覚えさせる同級生たちの言動、葵が信頼を寄せる父・康男、当時両思いだった不破に容疑がかかる現状に、SNS上では「同級生も怪しい」「シナリオも書き換えられているのかも」「不破くんは犯人じゃないと信じたい」など、深まる謎にあらゆる考察が繰り広げられていた。

次回は4月25日に放送。不破が若菜の殺害と16年前の連続殺人事件の真犯人だと自供する。

現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話やダイジェスト動画なども配信中。

画像ギャラリー