高橋海人の誕生日を『95』キャストがサプライズでお祝い!旗の書き手を当てようとするも…

公開: 更新:
高橋海人の誕生日を『95』キャストがサプライズでお祝い!旗の書き手を当てようとするも…
「95|テレビ東京開局60周年連続ドラマ」を見る

高橋海人King & Prince)が主演を務める新ドラマプレミア23『95(キュウゴー)』(テレ東系、4月8日スタート、毎週月曜23:06~※TVerでリアルタイム配信も決定)の記者会見が2日、同局スタジオにて開催。高橋のほか、共演者の中川大志松本穂香細田佳央太犬飼貴丈関口メンディーが登壇し、サプライズで高橋の誕生日を祝う場面があった。

原作は、「イノセント・デイズ」で第68回日本推理作家協会賞を受賞した早見和真が、受賞後第一作目として最大級の熱量で綴った最強青春小説。大人の作った社会の仕組みに抗い、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆け抜けた高校生たちの熱い物語となっている。

主人公・広重秋久(通称:Q)役を演じる高橋は、すでに出来上がった1話を見たということで「この作品だからこそできる、ちょっとエッジの効いた映像の紡ぎ方だったり、登場人物みんながエネルギッシュに関わり合っていく様子に興奮してしまいました。その興奮と、何より1995年という時代にリスペクトを込めてみんなで丁寧に作り上げたので、その熱量も伝われば良いなと思っています」と見どころをアピールする。

また高橋は、本作のオファーを受けた際「周りのキャスト陣を見た時に、この中で主演をやるのは相当ハードルが高いと思いました。現場に入った時に、どう振る舞えば良いか考えた準備期間でした」とも語る。実際に撮影に入って「みんなと過ごす青春時代がグッと凝縮されているので、その中でどれだけ変化できるかどうか。また、変わらない“芯”みたいなものをどれだけぶれさせないでいれるか心がけました」と役を演じる上で大事にしたことも明かした。

その高橋と、実際に高校の先輩・後輩関係だった中川。「いつか一緒にお仕事したい」と話していたそうで、この作品への出演を決めた理由を「海人が主演をやるドラマというのが決め手となった」と話す。

そんな中川は、仕事の都合で……「『95』の見どころを95個言うまで終われません」の企画中に退出してしまう。しかし、それは明日(4月3日)に25歳の誕生日を迎える高橋へのサプライズの準備のためで、95個の見どころを言い終えた彼の前に、バースデーケーキを持って再び登場する。

「え? え?」と戸惑いの声を上げるも、すぐに笑顔になって「ありがとうございます!」とお礼を述べた高橋。ケーキには「お」「め」「で」「と」「う」と他キャストがそれぞれ書いた旗が立っており、高橋は誰が書いたか当てようとするのが、ことごとく外れてしまう場面も。

そんな高橋は最後に、「いろいろなことが起きた95年。その時代に、若者たちがかっこいい大人になるために色々考えたり、必死にもがいたり、ぶつかりあったりしています。そんな登場人物みんながどんな顔でそこに立っているか、見届けていただきたいと思います。僕たちの熱量を受け取っていただけたら。最後までよろしくお願いします!」と視聴者にメッセージを送っていた。

画像ギャラリー

PICK UP