『初恋ハラスメント​​』キラキラドラマの皮をかぶったホラー展開に衝撃「トラウマになる」

公開:
「初恋ハラスメント ~私の恋がこんなに地獄なワケがない~ 私の恋がこんなに地獄なワケがない」を見る(2024.04.30 01:55 終了予定)

吉田伶香小宮璃央​​が出演するドラマ『初恋ハラスメント ~私の恋がこんなに地獄なワケがない~』(中京テレビ)が、3月30日に放送。ネット上では、ある違和感を覚えた視聴者に困惑の声があがった(以下、ネタバレが含まれます)。

高校時代に憧れだった初恋の先輩・清村春太(小宮)と同じ会社に転職した緑川夏希(吉田)。出社初日、春太に挨拶をしようと思ったら、なんと彼がとんでもないパワハラ上司になっていた! 高校時代「仏のハルタ」と呼ばれていた先輩は一体どこに? しかし、彼にもある過去があって――。

そんな本作は、本編前に「放送直前SP」が楽しめる構成となっていて、キャスト・スタッフインタビューやメイキングもあった。

……と、ここまで聞くと何の変哲もない恋愛ドラマだ。しかし、本編では、恋愛ドラマから急転直下。サブリミナル的にノイズがあったり、ホラー要素があったりとカオス状態となっていた。

それを裏付けるように、放送直前SPから違和感を覚えるシーンがあった。撮影中の小宮に話を聞く中で遠くから聞こえてくる怒号、監督のインタビューの後ろで起こっているある出来事、オールアップで映ったある映像、そしてキャストインタビューでは、監督から手紙のシーンがあったのだが、吉田と小宮の表情が対照的だったのだ。

ネット上では、ドラマ本編に巻き起こったホラー展開に衝撃。冒頭の直前SPからの違和感につながる内容だったため「メッセージ性ある」「トラウマになる」「ホラー」とのコメントがあった。

画像ギャラリー

PICK UP