田中樹、役者としての間宮祥太朗の演技力に感銘受ける「NGとか見たことがない」

公開:
田中樹、役者としての間宮祥太朗の演技力に感銘受ける「NGとか見たことがない」
「【TVerオリジナル】ACMA:GAME」を見る

4月7日スタートの日曜ドラマ『ACMA:GAME アクマゲーム』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~※初回は22:00~)の初回試写と舞台挨拶が都内で行われ、主演の間宮祥太朗ほか、共演者の田中樹SixTONES)、古川琴音竜星涼小澤征悦が登壇した。また主題歌「MEMORIES of the End 」を手がけるUVERworldもサプライズ登場した。

原作:メーブ、作画:恵広史による人気漫画をドラマ化した本作は、間宮演じる主人公・織田照朝が「悪魔の鍵」を狙うライバルたちとの命懸けの頭脳バトル「アクマゲーム」に巻き込まれていく様を描く。第1話には、「アクマゲーム」の存在を知った照朝が初めて対戦することになる反社会勢力「丸子ファミリー」2代目トップ・丸子光秀(須賀健太)が登場する。

本作ではCGを使ったシーンが多く登場するが、間宮は撮影を振り返り、「CGの撮影は回数を重ねるごとに慣れていきましたが、今日見てもらった第1話は探り探りでやっていたんです。こういう手順で進めるのかとか、そういうことを確認しながらの撮影で、(今日仕上がりを見て)みんなの努力がちゃんと形になっているのがすごく感慨深かったです」と話す。

間宮はまた、田中が第1話の撮影時、人見知りから「小さくなっていた」とも振り返ると、田中も「メンバー以外の方と仕事をする機会がなかなかないんです。みんな先輩だし、優しく喋りかけてくれるのもすごく申し訳なくて……」と恐縮気味だったと明かした。だが、人見知りはすぐにおさまったといい、田中は「今は撮影が楽しいです。極力噛んだり、台詞を忘れないようにしようと思うくらいです。なるべくNG出さないように頑張っています」と話す。

また、田中は間宮の演技についても「間宮さんは撮影中、絶対に噛まないんです」と紹介する。「NGとか見たことがないです。グリーンバックでの撮影もあって、普段より撮影回数が多いんですが、毎回同じお芝居をちゃんとできるのはすごいなと思いました」と振り返る。撮影外でも間宮と仲が良いといい、作品内容に絡め、「譲れないもの」がトークの話題となると、田中は「(オンライン)ゲームですね」と回答し、「間宮くんと同じゲームをしようと思っていて、(間宮から)『課金して』と言われてインストールしました」と間宮との和やかな現場エピソードを明かしていた。

劇中では、照朝が次々に彼を訪れる敵との「アクマゲーム」を繰り返す展開が待っている。間宮は「アクマゲームを毎話毎話していく中、今の動きは違和感を感じないかとか、毎回詰めて話し合って撮影してきました。巨大なプロジェクトを描く、スケールのとても大きい作品。これは当てる(ヒットさせる)という思いを持ってスタッフ一同撮影してきましたので、今から1話が放送されるのが楽しみです。一つのムーブメントになると嬉しいです」と本作に期待を寄せていた。

画像ギャラリー

PICK UP