西島秀俊&水上恒司演じる“東洋の時計王”服部金太郎の一代記『黄金の刻~服部金太郎物語~』

公開:
西島秀俊&水上恒司演じる“東洋の時計王”服部金太郎の一代記『黄金の刻~服部金太郎物語~』

西島秀俊が主演を務めるテレビ朝日ドラマプレミアム『黄金の刻~服部金太郎物語~』が、3月30日(土)21時から放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

作家・楡周平による小説「黄金の刻 小説 服部金太郎」(集英社刊)をドラマ化した本作。「セイコーグループ」の創業者・服部金太郎の波乱の人生を重厚に描き出す。西島は主人公の服部金太郎を、水上恒司が若かりし日の金太郎を演じる。そのほか、松嶋菜々子山本耕史濱田岳吉川愛船越英一郎高嶋政伸高島礼子ら豪華なメンバーが出演する。

日本初の腕時計、世界初のクオーツウォッチを発売したことで知られる「セイコーグループ」の創業者である服部金太郎の波乱の人生を重厚に描き出す今作。丁稚奉公から時計修理職人を経て、時計の製造工場「精工舎」を設立し、国産初の腕時計を製造販売。常に時代の先を読み、「義理」「人情」「恩義」を大切にしながら、一歩ずつ己の夢を叶えていった金太郎だが、一方で火災や震災など、数々の困難が彼の人生を襲う。洋品雑貨問屋の丁稚は、いかにして東洋の時計王になったのか――? 

<あらすじ>
昭和7年。「服部時計店」の本社では、社長・服部金太郎(西島)、妻のまん(松嶋)らが集まり、金太郎の古希のお祝いの準備が進められていた。その会に出席する岩倉善路(濱田)と金太郎が出会った過去が回想される――。

明治7年。洋品雑貨問屋「辻屋」の丁稚である服部金太郎(水上)は、同じく丁稚の善路らと仕事に邁進。金太郎の真面目な姿を見ていた社長・辻粂吉(船越)から信頼され、娘の辻浪子(吉川)が通う長唄教室の迎えを任されるなどしていた。いつしか、金太郎と浪子の間には幼い恋心が芽生えていた。粂吉からも浪子の婿になって、いずれ「辻屋」を継いでほしいという有難い提案を受ける。その時、金太郎が出した答えとは?

とある事件を機に、時計商への道を歩み始めた金太郎だったが、ついに明治11年、自宅に「服部時計修繕店」を構えることに。丁寧な作業が評判になり、3年後には「服部時計店」を創業するまでに成長。そこで時計の修理依頼に訪れ、後に妻となるまん運命の出会いを果たす。そんな順風満帆の金太郎に思いもよらぬ災いが降りかかり……!?

徐々に店も繁盛し、輸入会社「ブルウル兄弟商会」の吉邨英恭(高嶋)からの申し出で、金太郎は海外製の無地の懐中時計を仕入れた。その懐中時計に日本で美しい彫り施すことを画策するが、職人探しは難航する。久しぶりに善路と再会し、善路が協力を申し出るも、金太郎は拒否。善路はショックを受け、金太郎と仲違いしてしまう。

その後、金太郎は風変りな職人だが確かな腕を持つ𠮷川鶴彦(山本)と出会い、国内初の腕時計の製作を目指す。同じころ、金太郎へ恨みを持つ善路は、スイス人の時計商・アズナブールと組み、金太郎の商売の邪魔をするべく暗躍することに――。金太郎は、自身が惚れた職人や従業員の技術、人柄を信じて困難を乗り越え、順調に事業を拡大していく。だが、大正12年、関東大震災が未曽有の被害をもたらした。あまりの惨状にさすがの金太郎も無気力状態になり、社員を一時解雇するまでに。そんな金太郎を再び立ち上がらせた、妻の言葉とは……!?

現在、あたりまえとなっている正確な時間の重要性に気づき、日本を代表する稀代の起業家となった服部金太郎。彼がどのような試練を乗り越えて「東洋の時計王」と呼ばれるまでになったのか――?

画像ギャラリー

PICK UP