赤楚衛二が語る俳優仲間への思い「僕は僕なりに自分の道を進むしかない」『Re:リベンジ』

公開:
赤楚衛二
赤楚衛二
「Re:リベンジ-欲望の果てに-」を見る

赤楚衛二さんが主演を務める木曜劇場『Re:リベンジ-欲望の果てに-』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)が、4月11日に初回15分拡大放送でスタートします。

赤楚さんが演じる天堂海斗は、日本屈指の巨大病院「天堂記念病院」の理事長の息子ですが、父親との仲違いをきっかけに、医師にはならず週刊誌記者として働いています。ある日父親が事件に巻き込まれたと聞いた海斗は、疎遠になっていた病院へ。事件をきっかけに父親の真意を知ることとなった海斗は、欲望の塊で食い尽くされた病院の権力争いと闘うことを決意しますが……。

これまでのイメージを覆す新境地ともいえる役柄に臨む赤楚さん。役作りや海斗と敵対する外科医・大友郁哉役で出演する錦戸亮さんの印象などについてお聞きました。

復讐劇やドロドロ作品が大好き「ぶっ刺さったような感覚」

――オファーを受けた時のお気持ちは?

木10への出演は『SUPER RICH』以来になるんですが、そこで主演をやらせていただけることがすごく嬉しかったです。再び戻って来られることへの感謝もあって、「頑張ろう」という気持ちになりました。それに台本を読ませていただいたら、本当におもしろくて。僕は復讐劇とかドロドロした作品が大好きなので、自分の好きなものにぶっ刺さったような感覚になりました。

――フジテレビの連ドラには初主演です。プレッシャーもありますか?

最初は「みんなに見てもらえなかったらどうしよう」という不安もあったんですけど、脚本がおもしろいですし、キャストのみなさんもスタッフのみなさんも素敵な人ばかりだったので、そのあたりについては「大丈夫だ」と自信しかなくなりました。あるとしたら、自分のパフォーマンスを最大限に生かせるか、というところのプレッシャーですね。

――足立遼太朗プロデューサーが「今までにない赤楚さんが見られる」とコメントされていましたが、実際に演じられた手応えは?

僕が演じたことのないようなシーンに関しては、撮影がまだこれからなんです。今まで殺意や怒りを人にぶつけるようなシーンはなかったので、みなさんも見たことがないと思いますし、自分でもどうなるか……という感じですね。怖さもある反面、ちょっとワクワクしています。

――物語が進むにつれて変化していく役とのことですが、どんな役作りを?

まずは、真っ白で何もない水槽みたいな状態でいようと。そこに赤い液を垂らすのか、黒い液を垂らすのか。(水槽に)それらが滲んでいく姿を表現するために、最初はフラットにしようと心がけました。あとはお芝居をやってみて、変化していけたらいいなと思っています。

――“役に気持ちを入れていく”という部分については?

昔はガッと気持ちを入れていたんですけど、今はそれ以上に「どう見せた方がいいのか」「どう表現するべきなのか」が大事な気がしていて。だから、そこまで準備することはなく、「このシーンではこういう感情を見せたい」となった時に、そうするためにはどう表現すればいいのかを考える。以前とは逆のアプローチをするようになりました。役の一番の理解者でいなければいけないと思うので、共感はするんですが、あまり引っ付きすぎずにいい距離感で付き合えたらいいな、と思うようになりました。

赤楚衛二
赤楚衛二

――緊張感のある作品ですが、現場の雰囲気はいかがですか?

お芝居をやっている瞬間は緊張感がありますけど、あとは本当に和やかな現場なんです。すごくメリハリのある現場で、お芝居してない時には先輩とたくさん喋っています。

――そこでは、敵味方まったく関係なく?

まったく関係なく(笑)。一番喋るのは梶原善さんですね。僕は映画でもご一緒させていただいて大好きなんですけど、ファッションの話とか、いろいろな話をバーッとして。錦戸さんとは、ゴルフの話とかをしています。

――大人の話をされているんですね。

30代ですからね!(笑)。

錦戸亮と初共演、より濃くなった魅力とは?

――錦戸さんとは初共演ですが、印象はいかがですか?

めちゃくちゃかっこいいです。対峙していても「かっこいいなぁ」と思いますし、物語が進むにつれて役としてすごく嫌な気持ちにさせてくださるので、「うわぁ、一本取られた」とも思います。(海斗にとって)勝てないキャラクターではあるので、いつも負けているような気持ちになります。

――もともと抱いていたイメージからの変化はありますか?

ドラマも見ていましたけど、バラエティでの“関西弁の面白いお兄ちゃん”というイメージが強かったです。でもお会いしたら、真摯さや、ちょっとくだけた感じも見えて、より魅力を濃く感じるようになりました。一緒に取材を受けた時にも、周囲を気遣ったり、少しくだけたこと言って場を和ませたり、すごく周りを見られているなって。お芝居でも「こうやったらいいかな?」と相談してくれるので、本当にやりやすいですし、ありがたいな、素敵だな、と思っています。

――芳根京子さんとは『表参道高校合唱部!』(TBS系)以来9年ぶりの共演ですが、どんなお話をされましたか?

どんな話かな……最近は変な話しかしてないです(笑)。でも、昔はほぼ喋っていなかったんですよね。芳根さんは主演でしたし、合唱部のメンバーで集まっていることが多くて。

――同作は赤楚さんのドラマデビュー作。当時と今で、俳優に対する思いに違いはありますか?

その頃は「お仕事がほしい」という気持ちでした。でも今は、「見ていただける人にどうやって届けるか」と、作品の向こう側の人を意識するようになったかもしれません。それは大きな変化だと思いますね。

――何かきっかけがあったというよりは、作品を重ねていって?

そうですね。少し心の余裕ができたことで、初めてそう考えられるようになったのかなと思います。

――俳優仲間に対する思いについてはいかがですか?

実は僕、“同世代”というものを意識したことがないんです。「なんで意識しないんだよ」と思われるかもしれないですけど(笑)、同世代の方は僕がデビューした頃には、第一線で活躍されている方が多くて。そんな中で、僕はオーディションを受けたり、アルバイトしたりしていたので、同世代という感覚を持てずにやってきちゃったんですよね。

――「復讐心」ではないですが、先を行く同世代に悔しさも感じていた?

僕は芝居を始めたのが遅かったので、「なんでもっと早く始めなかったんだ」とは思っていました。でも人生、過去はどうすることもできないので、僕は僕なりに自分の道を進むしかないよなって。そう思ってからは、そこまで気にならなくなりました。今は先輩や後輩からも刺激をもらいつつ、同世代でいうと、山田裕貴くんからはすごくいい影響を受けています。人柄もお芝居も大好きなので、月9(『君が心をくれたから』)も素敵だなと思いながら見ていました。

――最後に、赤楚さんがリベンジしたいことを教えてください。

何もなくて、“ブロッコリーを食べること”くらいです(笑)。30歳にもなって食べられないことが悔しくて、本当に食べたいです……アイツを美味しいと思いたい(笑)。カリフラワーも食わず嫌いだったんですけど、食べたら美味しくて。ズッキーニもそうですし、食べられるものが増えてきてはいるので、いつかブロッコリーもリベンジしたいですね!

(取材・文・撮影:nakamura omame)

ヘアメイク:牧瀬浩子 スタイリスト:壽村太一

画像ギャラリー