道枝駿佑“ゼロ”ら「マルス」の革命がついに決着!意味深なラストシーンに「最大の謎」

公開:
道枝駿佑“ゼロ”ら「マルス」の革命がついに決着!意味深なラストシーンに「最大の謎」

道枝駿佑が主演を務める『マルス-ゼロの革命-』(テレビ朝日系、毎週火曜21:00~)の最終話が3月19日に放送。美島零(=ゼロ/道枝)と逢沢渾一(板垣李光人)が出会った場所での意味深なラストシーンがSNS上で話題となった(以下、ネタバレが含まれます)。

「マルスの魂が眠る場所」が倉科エリ(大峰ユリホ)の墓であると気付いたゼロは、証拠データが入ったUSBを手に入れた。しかし、クロッキー社CEO・國見亜門(江口洋介)が現れ、激しい殴り合いに。

一方、「マルス」メンバーたちは警察に包囲され、打つ手なしの状況。渾一は校内放送を使い「僕らはテロを起こしてません」と訴え「誰かを思いやる気持ちがあれば、この世界はきっと変われるはず」とマルスが目指した革命について涙ながらに語った。

その後、エンダーグループ会長・西城澪子(原田美枝子)の協力により、危機一髪のところで無実を証明することが出来たマルス。しかし、その日以来ゼロは姿を消し、卒業式も欠席。渾一がゼロの自宅を訪れると、そこには大城大木(=ウド/戸塚純貴)がいた。

ウドから「あいつは美島零なんて名前じゃない。名前も年齢も身分証も全部僕が作った架空の人物」「もしかしたら初めからいなかったのかもしれないな」と聞かされ、渾一は驚くが「そんな事はありません」と反論し、ゼロと過ごした日々を回想した。

渾一は、以前自殺をしようとしてゼロと出会った場所に来ていた。すると背後からゼロが現れ「ラストメッセージをどうぞ」と渾一にスマホを向ける。「えっ、なんで?」と目を丸くする渾一を見て「相変わらずセンスねえなぁ」と笑うゼロ。そして、ゼロはいつもの様に「イッツ ショータイム!」と言おうとするが……。

SNS上では、意味深なラストシーンが話題になり「えっ!?」「どういうことー!」「最後の最後に最大の謎」などの声が上がった。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~第3話、ダイジェストなど多数配信中。

PICK UP