堀田茜&毎熊克哉、30代になって変化した恋愛観とは…『好きなオトコと別れたい』インタビュー

公開: 更新:
堀田茜&毎熊克哉、30代になって変化した恋愛観とは…『好きなオトコと別れたい』インタビュー
「好きなオトコと別れたい」を見る

堀田茜さんと毎熊克哉さんが出演するドラマNEXT枠の新ドラマ『好きなオトコと別れたい』(テレ東系、毎週水曜24:30~)が、4月3日より放送スタートします。

デジタル恋愛コミック誌「comic tint」(講談社)に掲載され、同世代の読者から共感の声を集めた藤緒あいさんによる同名作を実写ドラマ化。将来を考えるアラサー女性会社員がダメ男の魅力にハマり、その沼から抜け出せないループな恋を繰り広げる、リアルでもどかしい大人のラブストーリーとなっています。堀田さんは、将来に不安を抱くアラサー会社員・白石郁子役。毎熊さんは、定職に就かず郁子の家に居候するダメ男・黒川浩次役を演じます。

このたび、堀田さんと毎熊さんにインタビューを実施。郁子と浩次の印象を伺うと、2人の30代になって変化した価値観について聞くことができました。

堀田茜「毎熊さんは本読みの段階から浩次にしか見えませんでした(笑)」

――本作のオファーを受けて原作を読んだそうですね。印象はいかがでしたか?

堀田:続きが気になる描き方がされていて、「今後、郁子と浩次の関係はどうなっていくの!?」とドキドキしながら読み進めていき、あっという間に読み終えてしまいました。

毎熊:大きな事件が起きるわけではないけれど、郁子と浩次の些細な悩みや葛藤が描かれていて、狭い世界の中で一生懸命頑張っている2人がとても可愛らしいと思いました。そこが魅力的に感じましたね。

――キャラクターに対する印象も聞かせてください。

堀田:郁子と浩次も、とても愛らしいと思いました。郁子は見返りを求めずに浩次を愛していて、「たとえダメ男でもずっと一緒にいたい」という真っすぐな気持ちが私の心に刺さりました。その部分を大事にしながら演じないといけないと思いましたね。浩次も、ダメ男なんだけど良いところもたくさんあって、惹かれる郁子の気持ちが少しわかる部分もありました。

毎熊:34歳で無職のヒモ(※浩次の設定)とだけ聞くと、世間的に見ると本当にろくでもないですよね(笑)。ですが、幸せの形は世間に決められることじゃないと思っています。能天気に見える浩次でも、生きづらさやコンプレックスを抱えて今の状態になったんだと思いますし。それが郁子と2人でいることで、自分なりの幸せを見つけている。世間の言う幸せを求めている郁子も、きっとそうだからこそ浩次と関係を続けているんだと思います。そういう相性を持った2人なんだろうなと思いました。

――実際に郁子と浩次を演じてみていかがですか?

堀田:毎熊さんは、本読みの段階から浩次にしか見えませんでした。あ、ダメ男っぽいという意味ではなくて(笑)。愛したくなってしまう要素を持っている。それを台詞からではなく、毎熊さんご自身から感じて、浩次にピッタリだなと。お芝居も素晴らしく、身を任せてしまっても大丈夫という安心感も持ちました。

毎熊:設定上、出会ってから何年か経っているという出来上がった関係性からスタートするので、初共演の状態でこれを演じるのは挑戦だなと思いました。しかし、本読みの日に初めてお会いして掛け合ってみた瞬間、「あ、これは大丈夫だ」と。堀田さんとだったら、最初から出来上がった関係性を表現できると思いました。実際、僕たちは今日が出会って5日目(※取材時)なんですけど、もっとたくさんの期間を共に過ごしているような感覚があります。

――演じる役との共通点はありますか?

堀田:お母さんみたいになっちゃうところですかね(笑)。私も、人の世話を焼きたくなっちゃうんですよ。浩次のような、人の心にすんなり入り込んで来る人にはすぐ心を開いちゃうし、そこが似ているなと思いました。

毎熊:僕は似てないと思うところがいっぱいあります。僕は長男なので、人に甘えるのが苦手なタイプ。人に迷惑をかけないように生きてきたので、浩次が羨ましいですね。

――堀田さんから見ての毎熊さんと浩次、毎熊さんから見ての堀田さんと郁子の共通点はありますか?

堀田:色気があるところ(笑)。人を惹きつけるフェロモンが出ていると思いました。

毎熊:ありがとうございます(笑)。堀田さんと郁子の共通点は、親しみやすさでしょうか。先ほど言ったように、出来上がっている関係性を演じなければいけないので、お互い心の扉を開けなければ表現にたどり着かないんです。堀田さんがしっかりと心の扉を開けてくれたおかげでとても演じやすく、またその部分が郁子と似ているなと思いました。

堀田茜&毎熊克哉、30代になって価値観が変化

――郁子は浩次との将来を不安に思い、もっと将来性を持った人との結婚を考えます。堀田さんは、そんな郁子の気持ちはわかりますか?

堀田:わかってしまいますね。現実的に見て、浩次のような人と一緒になるのは不安です(笑)。でも郁子には「この人以上の人には出会えない」という確信もあって、私もそんな人に出会えたらいいなと思います。

――堀田さんは、世間の声よりも自分の気持ちを大事にするタイプ?

堀田:難しいところですね……。こういう仕事をしているので、どうしても世間の目を気にしてしまう部分はありますし……。ですが、肩書きだけでなく、その人なりの魅力を見つけられる人でありたいなと、この作品に出演してより思うようになりました。

――毎熊さんは、浩次のような人間に対してどう思われますか?

毎熊:もうちょっと、ちゃんとした方がいいとは思います(笑)。自分と関わりの薄い友人がこんな人だったら「好きに生きればいいんじゃない」と思いますが……僕自身は、浩次のような生き方は考えられないです。

――では、郁子については?

毎熊:人生短いですから、好きな人といた方が良いだろうなと思います。僕も20代の頃は世間の目を気にしていたのですが、30代になってからはだんだん「人生はそんなに長くないな」と思い始めて。他人が決めた価値観よりも、自分が良いと思った方に突き進んでいった方が良いと思い始めました。

――30歳を目前にして、結婚や将来に不安を覚えた郁子。堀田さんは30歳になって、恋愛観は変わりましたか?

堀田:変わりました。20代の頃はその時が楽しければいいと思って生きていましたが、30代に入ってからは、家族やみんなが幸せになる恋愛がいいなと思います。自己中な恋愛はしたくないなと。

――最後に、こういった作品なので、おふたりが演じていてキュンとしたシーンを教えてください。

堀田:2人で朝ごはんを食べるシーンなど、平凡なシーンがとても居心地が良くて印象に残っています。撮影していても楽しくて、そんな何気ないシーンが2人の空気感を作っていくと思い、大切に演じました。また、第1話に浩次が郁子を家の前で待っているシーンがあって、そこはキュンとしちゃいましたね(笑)。「これは家に入れちゃうよな~」って、郁子と気持ちがリンクする瞬間がありました。

毎熊:郁子が酔っぱらっているシーンがすごくかわいいんですよ。郁子は、浩次の前に付き合っていた男性には“素”を出せていなかったんです。でも、浩次の前では素でいられて、気を抜いて酔っぱらえるってすごく良いなと。やはり郁子と浩次は出会うべくして出会った2人なんだなと思いました。

――素を出せる相手って貴重ですね!

毎熊:浩次は、良くも悪くも“自分”というものがないんですよね。自分を持っていることが魅力になる場合もありますが、何かしらのトゲになってしまうこともある気がして。ですが、浩次にはそれがない。それが、郁子にとって心地良い部分になっているのかもしれません。

取材・文:米田果織 撮影:松本理加

<第1話あらすじ>
働くアラサー女子・白石郁子(堀田)の彼氏は、定職に就かず居候しているダメ男・黒川浩次(毎熊)。30歳を目前にして結婚や将来に不安を覚えた郁子は、浩次との関係を清算し本気で婚活を始めようとする。

だが結局、浩次の事が好きすぎてズルズルと関係を続けてしまう。そんなとき会社の後輩でハイスペ年下イケメンの青山(木村慧人FANTASTICS)が海外勤務から戻ってきたため、乗り換えるチャンスだと後輩・ナナ(紺野彩夏)が焚きつけて……。

画像ギャラリー

PICK UP