『最強の時間割』ブランドプロデューサー・pecoが講師として登場!ブランド立ち上げ時に抱いた“意外な考え”とは?

公開:
『最強の時間割』ブランドプロデューサー・pecoが講師として登場!ブランド立ち上げ時に抱いた“意外な考え”とは?
「TVerで学ぶ!最強の時間割」を見る

さまざまな業界のトップランナーを先生として招き、学生や社会人に「知っておいてよかった」と思える“考え方のヒント”をお届けする、民放公式テレビ配信サービス「TVer(ティーバー)」の完全オリジナル番組「TVerで学ぶ!最強の時間割」シーズン2。明日3月1日(金)あさ8時配信のLesson15に、ブランドプロデューサー・pecoが講師として登場。進行はラランドニシダサーヤ)、生徒役として秋元真夏中村舞STU48)が参加する。

「SNSの合計登録者数350万人以上」というpecoがSNSを始めたのは中学2年生。すべてはブログの投稿からスタートしたといい、同世代の秋元、サーヤと思い出話で盛り上がる。

番組では、あらためてpecoの経歴を深堀り。2013年に大阪から上京したpecoは、「私がいるべき場所は大阪じゃなくて原宿や」「アメリカ村じゃ私は収まらない」と当時の心境を回顧。さらに、東京・原宿の古着屋で働き始めると、pecoと写真を撮りたいお客さんの2時間待ちの列ができたという逸話を披露する。

pecoのポジティブエピソードが次々と披露される中、自身のことを「わりとポジティブ」と評する秋元と、「ネガティブ」だと言い切る中村。授業では、そんな生徒たちに“ポジティブ思考の作り方”と題してクイズを出題。「朝6時に起きる」「傘を持たずに家を出て、突然、雨が降ってきた」など、一見マイナスに捉えがちな状況をポジティブに変換する術を学んでいく。

自分自身を「ミスが多いタイプ」だという秋元は、2023年2月に乃木坂46を卒業したにもかかわらず、今年1月に「卒業から1年経ちました」と誤投稿してしまったとの失敗談を告白。秋元が「すごく浸った文章を書いてアップしちゃって……」と嘆くこのミスを、ポジティブに変換すべくpecoが送ったアドバイスとは?

また、SNSをはじめネガティブ思考が溢れる世の中について、pecoは「みんな他人に干渉しすぎなのかな」と持論を展開。すると、SNSの批判コメントにまつわるトークがヒートアップ。エゴサばかりしているというニシダは、「主婦の掲示板」「小中学生だけの掲示板」も見に行くといい、そこに書かれていたコメント内容に一同大爆笑!

他にも授業では、ポジティブ思考の原点である「アメリカドラマ」の魅力やファッションブランド「Tostalgic Clothing」を立ち上げた際に抱いていた“意外な考え”、自己肯定感を上げるために必要なことについて、pecoが思いを語る。

画像ギャラリー

PICK UP