『GTOリバイバル』に98年版キャストの池内博之、山崎裕太、窪塚洋介、徳山秀典、小栗旬、藤木直人が出演!

公開:
『GTOリバイバル』に98年版キャストの池内博之、山崎裕太、窪塚洋介、徳山秀典、小栗旬、藤木直人が出演!
「GTO」を見る

1998年の夏に放送された反町隆史主演の連続ドラマ『GTO』(グレート・ティーチャー・オニヅカ)が、26年の時を経て、新作スペシャルドラマとして4月1日(月)21時からカンテレ・フジテレビ開局65周年特別ドラマ『GTOリバイバル』。このたび、1998年版『GTO』に出演していた池内博之山崎裕太窪塚洋介徳山秀典小栗旬藤木直人らの出演が決定した。

『GTO』は、藤沢とおるによる同名漫画が原作で、元暴走族の高校教師・鬼塚英吉が、破天荒な行動で生徒や学校の問題に体当たりでぶつかっていく学園ドラマ。立場や損得とは無縁の教師・鬼塚が、本音をぶつけ合い、命がけで生徒に向き合うことで、社会の裏側にくすぶっている問題をも解決していく。

『GTOリバイバル』で反町演じる鬼塚が赴任するのは、私立相徳学院高校。この高校で問題となっているのは、フォロワーが200万人近くいる暴露系インフルエンサー“裁ノカ笑”。有名人も一般人も関係なく、どんなネタでも詮索&拡散して炎上させており、これまでに相徳学院の教師や生徒が何人も晒されてきた。あまりに狙われるため、校内に“裁ノカ笑”にふんする犯人がいるのではないかとのうわさもあり、生徒たちは日々お互いの顔色を伺い、疑心暗鬼になりながら学校生活を送っている。そんな令和の高校生を前に、かつてグレート・ティーチャーと呼ばれた鬼塚は、令和のニューヒーローになれるのか。

かつての鬼塚の教え子、村井国雄(池内)、渡辺マサル(山崎)、菊池善人(窪塚)、依田ケンジ(徳山)、吉川のぼる(小栗)も役柄そのままで出演する。当時、高校生だった彼らは、あれからどんな道を歩んできたのか。そして、鬼塚の親友・冴島龍二(藤木)も含め、彼らの意外な“26年後”の姿に注目だ。

『GTOリバイバル』ポスタービジュアル
『GTOリバイバル』ポスタービジュアル

<池内博之 コメント>
26年ぶりに『GTO』をやると聞いた時は正直なところ耳を疑いました。しかも村井役としてオファーをいただき驚きしかありませんでした。また当時のように坊主頭? とかこの年齢で制服? とか色々と想像してしまいました(笑)。長い年月が過ぎ、またこうして反町さんはじめキャストの方々と再会し、一緒にお芝居ができるなんて幸せでしかありません。見どころ満載の本作、是非沢山の方々に見ていただけたら幸いです。

<山崎裕太 コメント>
26年という歳月を経てもまた復活できるということ自体、本当に凄いドラマなんだと実感してます。この26年の間に沢山の作品をやらせて頂いてますが、こんなにも世間の皆様にすんなり復活を受け入れてもらえるドラマは他に見ないのではないかと。この作品に携われた事も、この時代に復活してまた携われる事も嬉しく思ってます。『GTO』メンバーとは、あれから今だに連絡を取ったり会ったりする間柄でしたが、現場で「また明日ねー」って言ってる感じがなんかもう、青春だったあの頃をフラッシュバックさせて、いちいちエモーショナルな気分になりました。反町さんとの関係性もあの頃の共演者との関係性も何も色褪せぬまま26年経っている事が不思議でまるでパラレルワールドにいるようでしたね。あるラストシーンでは僕も池内も窪塚も小栗も鳥肌たってました。40超えたおっさん達が語彙力を失い「なんか凄いね」「なんかエモいね」ばかりで出演者の僕らも震えながらそのシーンを見ていました。

<窪塚洋介 コメント>
26年前、現場でも現場の外でも朝から晩までワイワイやってた“かけがえのない3か月間”を思い出しながら、今の自分たちの立ち位置を踏み締めるような、とても感慨深い素敵な撮影となりました。当時のメンバーと少し照れながら、誇らしくもある気持ちで迎えたクランクインのファーストシーンは、芝居をしながらお客さんの視点になってしまうような、経験したことのない不思議な感覚に皆で包まれていました。鬼塚先生のラストカットの後ろ姿を見送ったあと「……エモ過ぎる」と4人全員が同時に声に出してましたね(笑)。2024年の今を生きる高校生諸君、そしてファンの皆さん、我らがG.T.O.の暴れっぷりマジで“グレート”なんで乞うご期待です!!……あーO.A.楽しみだなあああ、てあの頃こんな気持ちだったなあああああ。

<徳山秀典 コメント>
あれから26年が経ったという実感がほとんどありません。あまりに記憶の奥底すぎて。しかし撮影現場に向かう途中、様々な思いをめぐらし、懐かしさと新鮮な気持ちが甦りました。現場に着けば反町さんから「久しぶり! お前変わらないな、出演してくれてありがとう」この一言がとても感慨深く、あぁ、鬼っちだ。と地に足が着いたのを思い出します。『GTO』復活が決まり、衣装合わせで懐かしい顔ぶれを見て、現場で皆でずっとエモい……と言ってました。あの時生徒だった僕たちから、今の視聴者の皆様や現場の生徒達へバトンを繋げる役目を担えて幸せな、夢のような時間でした。そして変わらぬ鬼塚先生はやはりとびっきりグレートでした。

<小栗旬 コメント>
二十数年ぶりにこんな形で皆さんに再会できるとは思わず、久々にお会いした鬼塚先生はあの頃と何も変わらない鬼塚先生でそれにも驚きました。こういう事が起こると、この仕事を続けていて良かったなと思える瞬間でもあり、一つひとつの出来事がなんだか不思議な感覚で夢の中にいるようでした。ただただ興奮しました。

<藤木直人 コメント>
『GTO』が復活するなんてまさに青天の霹靂! 想像すらしていませんでした。四半世紀前の作品、僕にとって初めて連ドラにレギュラーとして参加させていただいたのがこの『GTO』。再び演じる事が出来るなんて感慨深かったです。僕はほぼ反町くんとのワンシーンのみの出演でしたが、再会した時グータッチで迎え入れてくれたのが嬉しかったです(笑)。あの時代ですら言いたい事が言えないそんな世の中でしたが、コンプライアンスが厳しくなった今、鬼塚英吉がどんな事を巻き起こすのか? 是非是非楽しみにしていて下さい!

画像ギャラリー

PICK UP