えなこ、コスプレでの露出はリスペクト「キャラクターへの愛が大事かなって」『最強の時間割』

公開:
「TVerで学ぶ!最強の時間割 年収1億円超コスプレイヤーえなこのプロ意識&葛藤...。誹謗中傷を乗り越えたカリスマの覚悟とは?」を見る(配信終了まで1週間以上)

TVer完全オリジナル番組『TVerで学ぶ!最強の時間割』シーズン2(毎週金曜配信)Lesson13が2月17日に配信スタート。講師として、コスプレイヤーのえなこが登場した。

コスプレイヤーとして人気を博すえなこは、年収を公表しているという。「年収は1億円を超えました」「事務所とは折半をしているので、私が1億円、事務所に1億円」と明かし、ラランドサーヤニシダ)、秋元真夏鈴木絢音​​を驚かせた。

公表している理由について問われると「一番大きいのが、コスプレっていい世界だと知ってもらいたかった」「“コスプレもお仕事にできるんだよ”とみんなに知ってほしかったことが大きかったです」とえなこ。彼女の2023年の仕事を振り返ると、雑誌の表紙、広告契約、テレビ、ラジオ、写真集、イベントなど多岐に渡っていた。

えなこがどんなコスプレをしてきたのか。作品を見ていくことに。『推しの子』のアイは自らレタッチを担当、『SPY×FAMILY』​​のヨル・フォージャー​​はハイキックをしているシーン、『ワンピース』​​のボア・ハンコック​​も美しく足を上げているシーンの写真だった。

セクシーなカットも多いと触れられると「私のコスプレの根本として、キャラクターへの愛が大事かなと思っていて」「コスプレで生きていくからこそ、そういうところ(露出)にも気をつけていかないとなって。好きだからこそなのかな」と振り返っていた。

なお現在「TVer」では、『TVerで学ぶ!最強の時間割』過去回も配信中。​​

PICK UP