小芝風花“倫子”、宮舘涼太“定信”が幼なじみだったことを思い出す

公開:
小芝風花“倫子”、宮舘涼太“定信”が幼なじみだったことを思い出す
最新エピソードを無料視聴

小芝風花が主演を務める木曜劇場『大奥』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第4話が2月8日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、さまざまな人間の思惑、嫉妬、憎悪、悲哀が渦巻く“女の社会の縮図=大奥”で、たった一つの愛を得ようともがく女たちの闘いを描く物語。小芝のほか亀梨和也KAT-TUN)、西野七瀬森川葵宮舘涼太Snow Man)、栗山千明安田顕らが出演する。現在TVerでは、第1話&第2話、ダイジェストなども配信中。

前回放送された第3話では、女中たちの嫌がらせで五十宮倫子(小芝)の寝室にヘビが入り込む騒動が起きる。困っている倫子に徳川家治(亀梨)が、「明日の夜、待っておれ。あの部屋ならヘビも出なかろう」と声を掛けた。ネット上では徐々に距離が近づく倫子と家治に、「倫子に対する表情が柔らかくなってる」「倫子を気遣う上様にキュン」「ツンデレ上様」といった声が見られた。

<第4話あらすじ>
五十宮倫子(小芝)は、お知保(森川)が徳川家治(亀梨)の側室になったことを知り、動揺する。家治が田沼意次(安田)に強要されて側室を持つに至ったことを知らない倫子は心中穏やかではない上、早速御渡りがあると聞かされ、ショックを隠しきれない。

そんな折、増上寺代参が行われることになる。松島の局(栗山)は「忙しい上様、御台様に代わって、奥女中たちが代参を務める」と切り出すが、倫子は御台所の大事な公務であるとし、自分も共に参ると発する。松島は御台様が出向くなど前例がないことだと反論するが、家治は倫子に「頼んだ」と言い、代参を認める。

倫子がお品(西野)を伴って無事に参拝を終えると、猿吉(本多力)が倫子の好物である白みそ煎餅を持って現れる。それは、お品が葉山貞之助(小関裕太)に頼み、特別に作ってもらったものであった。そして、倫子が茶屋で休んでいると、松平定信(宮舘)に声を掛けられる。そこで、定信から“賢丸”という幼名を聞いた倫子は、定信がかつての幼なじみであったことを思い出す。そして、2人は幼い頃に戻ったかのように、江戸の町を散策して楽しんでいたが……。

画像ギャラリー

PICK UP