原田泰造“誠”のアウティング行為にさまざまな意見「これはいかん」「悪気がないから辛い」

公開: 更新:
原田泰造“誠”のアウティング行為にさまざまな意見「これはいかん」「悪気がないから辛い」
最新エピソードを無料視聴

原田泰造ネプチューン)が主演を務める土ドラ『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第5話が、2月3日に放送。沖田誠(原田)の“アウティング”行為に、SNS上でさまざまな声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

五十嵐大地(中島颯太)の恋人・砂川円(東啓介)が帰省していた実家から帰って来る。たくさんのお土産を渡され喜ぶ大地だったが、先日、円の父の還暦のお祝いにと贈ったプレゼントも持ち帰ってきていた。「ごめん。渡せなかった」と謝る円は、大地との関係を両親に伝えようと思って帰省したものの、“同性が好きだったことを隠していた”当時を思い出し、色々考えた結果、伝えることができなかったと語る。

そんな中、誠の家で、大地や大地の母・美穂子(松下由樹)、さらに円も呼んでバーベキューを開催することに。最初は誠抜きのメンバーで和やかにバーベキューを行っていたのだが、誠が会社から帰って来た時に円に挨拶され「大地くんの彼氏だね!」と言ったことで、円の表情が豹変する。

これまでのアップデートもあって、悪気なくそう発言した誠。しかし、大地と円は恋人関係であることは公に明かしておらず、誠の勝手な“アウティング”(※本人の了承を得ずにその人の性的指向などを公表してしまうこと)に円は激怒。誠に掴みかかり、「本人でさえなかなか言えなくて辛いのに、他人がそう簡単に言うな」と告げた。

誠の悪意ないアウティング行為に、SNS上では「これはいかん……」「勝手に言っちゃダメ」という声が。しかし、アップデートゆえの発言であったことも視聴者には伝わっており「同性愛を“普通”に感じるようになったから言っちゃったんだよね」「悪気がないのがわかるから辛い」といったコメントも見られた。

次回、第6話は2月10日に放送。誠は自分がまだまだ無知であることを痛感する。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では本作の第1話~第3話、予告編も配信中だ。

PICK UP