水谷豊“右京”、小林隆演じる著名な美術コレクターの策士ぶりに舌を巻く!

公開:
水谷豊“右京”、小林隆演じる著名な美術コレクターの策士ぶりに舌を巻く!
最新エピソードを無料視聴

水谷豊が主演を務める『相棒season22』(テレビ朝日系、毎週水曜21:00~)の第14話が、1月31日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

今シーズンでは、水谷×寺脇康文――再会2年目を迎える“伝説のコンビ”が、新たなる挑戦に乗り出す。なお現在TVerでは、最新話のほか、第1話~第3話なども配信されている。

前回放送の第13話では、匿名で5通もの“ラブレター”を受け取った亀山美和子(鈴木砂羽)は、色めき立って、杉下右京(水谷)に差出人の割り出しを依頼する。その様子を横目で見ていた亀山薫(寺脇)は、不機嫌モード。そんな中、伊丹憲一(川原和久)と偶然、路地裏で出くわした薫は、喉を切られて死んでいる男性を発見。その手には、“亀山美和子様”と書かれた封筒が握られていて――。事件解決後、ラストカットでは、右京がデスクで手紙を書くシーンが。そこには「宮部たまき様」と、元妻の名前が書かれていた。このシーンに、SNS上では「可愛い」「嬉しい」「衝撃」​​とのコメントがあがっていた。

<第14話あらすじ>
ある休日、杉下右京(水谷)は、著名な美術コレクター・道明寺吉嗣(小林隆)とチェス喫茶で一局交え、その策士ぶりに舌を巻く。いっぽう、亀山薫(寺脇)は妻・美和子(鈴木)と共に、陶芸教室に参加。講師は“アート界の若きエース”と評される女性芸術家で、図らずも道明寺がかつて支援した人物だった。

そんな中、道明寺のコレクションルームで男性の遺体が発見され、美術品がすべて持ち去られる事件が発生。警察は、ここ1か月で2件発生している、美術品強盗グループの仕業とみていたが、右京はこれまでの手口と違う点があることを指摘する。

しかし、その後すぐ、遺体の男性が、マークしていた強盗グループの一員であることが判明。それでも独自の捜査を続行。すると、道明寺に強い恨みを持つ人物が浮上し、意外な事実が明らかになっていく。

画像ギャラリー

PICK UP