『さよならマエストロ』芦田愛菜“響”の衝動的なシーンに反響「鳥肌たった」【ネタバレあり】

公開: 更新:
『さよならマエストロ』芦田愛菜“響”の衝動的なシーンに反響「鳥肌たった」【ネタバレあり】

西島秀俊が主演を務める日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第3話が、1月28日に放送。夏目俊平(西島)に冷たい態度を取る娘・響(芦田愛菜)のあるシーンが大きな反響を呼んだ(以下ネタバレが含まれます)。

晴見フィルハーモニーによるコンサートの開催を提案した俊平は、過去の出来事から音楽と距離を取っている響にも「聴きに来てくれると、すごくうれしい」と伝える。しかし、市の圧力によって、コンサートを予定していた日にホールが使えなくなってしまう。しかも、そのことを俊平たちに伝える役目を負うことになったのは、市役所の文化振興課に勤める響だった。

つらい役割を命じた響の上司に憤る俊平だったが、「パパは気になっている。響が今ちゃんと幸せかどうか」という親心から出た言葉が、響の逆鱗に触れる。「私は前に進んでいる! あなたの尺度で私が幸せかどうか決めつけないで。私はずっと……時間がかかっても、ずっと見つけようとしているんだよ、違う生き方を」と涙を流す響に、俊平は返す言葉を失っていた。

一方、俊平の発案によって、コンサートは大勢の人が集まる道の駅で開催することに。“不協和音”を奏でていたメンバーたちも屋外の演奏で一つにまとまり、雨で中断したものの、コンサートは大成功に終わる。

興奮冷めやらぬ中、一部のメンバーはコンサートの直後にも関わらず、ホールに戻って練習を行っていた。そして、上司からの連絡で道の駅に駆けつけ、晴見フィルの演奏を聞いた響の中にも、音楽への情熱がよみがえる。響は引き寄せられるようにホールの練習室に置いてあったバイオリンを手に取り、夕日が差し込む部屋の中で“自分の音”を奏でるのだった。

響による圧巻の演奏に、ネット上では「めちゃくちゃ良かった!」「凄すぎる」「鳥肌たった」「ゾクゾクした!」「震えた」「衝撃すぎた!」「見入ってしまった」など、絶賛のコメントが相次いだ。

次回、第4話は2月4日に放送される。響がバイオリンを弾くところを目撃した森大輝(宮沢氷魚)は、響を晴見フィルに誘う。なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、SPインタビューなども配信中。

PICK UP