北山宏光、三宅健とのバラエティ初収録に緊張?

公開:
北山宏光、三宅健とのバラエティ初収録に緊張?
最新エピソードを無料視聴

三宅健北山宏光が、1月25日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信されるバラエティ『オドオド×ハラハラ』(フジテレビ系、毎週木曜20:00~)に出演する。

この番組は、オードリー若林正恭春日俊彰)とハライチ岩井勇気澤部佑)がゲストと共に、トーク番組の可能性をあれこれと試していくチャレンジトークバラエティ。

三宅と北山は、ふわふわっとしたメニューをその場で言うと、シェフが即興で作ってくれる夢の料理店「ニュアンスだけで頼みたい ふわふわ料理店」のコーナーに出演。若林、春日、岩井が「ゲストが今どんなものを食べたいのか」を質問しながら「ふわふわメニュー名」を即興で考案。予約の取れない名店「賛否両論」のシェフ・笠原将弘が、そのメニュー名を基に「前菜」「メイン」「シメ」の3品を作る。

北山は「この組み合わせはほぼ初ですから!」と三宅との2人でのバラエティ番組収録が初めてだと明かす。澤部から「緊張してる?」と聞かれた北山は「緊張というか、あんまりお話したことないんです……、連絡先も知らない」と話すと、同じ事務所に所属する2人のまさかの関係性にスタジオメンバー一同仰天! そんな中、三宅が口を開き「まぁ、正直、(北山は)ハマってない……」と問題発言! 若干の距離感を感じる2人だが、この収録が終わるまでに北山は大先輩・三宅にハマることができるのか!?

常連客の若林、春日、岩井は三宅と北山がどんな料理を食べたいのか、2人の好きなものを聞きながら、メニュー名を考案。三宅の大好物には「カラスミ」「パスタ」などの食材から、「現代アート」「クリスマス」など料理には結びつかないものまでさまざま。一方北山の好きなものは「チャーシューエッグ」「しょうが焼き」「サウナ」から「スキューバダイビング」というキーワードが並び、三宅と北山の好きなものの共通点はなかなか見つからない。そんな中でまずは前菜のメニュー名を考える若林ら一同。さまざまなメニュー名が挙がり、その場のトークから即興で大喜利回答する常連客に三宅が「常連さんたちの能力すごいですね」と感心。そんな中、三宅と北山が選んだ前菜のメニュー名はかなり攻めたものに! メニューを考えた常連の若林らも「攻めますね~!」と驚く中、笠原シェフは「おふたりがこれからも大活躍できるように」と“攻めた前菜”の料理に取りかかる。

続いて「メイン」のメニュー名を考えるため、2人についてさらに深掘り。そんな中「メイン」に決まったのは一見おいしそうには見えないメニュー名に。しかしこれが「ふわふわ料理店」の新境地に達する料理に。さらに今回から新たな試みとして「シメ」の料理を大喜利回答で決めず、ゲストと常連客が指定した食材3品を使って笠原シェフに作ってもらうことに。三宅、北山、春日が指定した食材は、相性が良いとは思えないものが。そんな食材を前に笠原シェフ「やります!」と宣言。そこから生まれる絶品料理とは!?

また、北山が三宅に「僕が今まで会ってきた芸能人の中でトップクラスに肌がきれい!」と美肌の秘けつを質問する場面も。三宅が「たいしたことやってないです」と言うと、北山は「言うと思った!」と吐き捨てるように言い、澤部から「口が悪いですよ!(笑)」とツッコまれ、若林も「(三宅に)本当にハマりたいの?」と疑問を持ち始める。スタジオでは、ネットに落ちていた三宅の美容にまつわる伝説が本当なのか、答え合わせをしていくと、三宅流のこだわりがあった。

<三宅健、北山宏光 コメント>
――収録の感想をお願い致します。

三宅:今回は“食”がテーマでしたけど、僕たちまだ2人きりでご飯に行ったことないんです。そういう意味ではこの番組で北山くんの好きなものが知れたのがすごくうれしかったです。

北山:あの、今回の収録で僕が健くんに“ハマってない”ということがわかり……(笑)。でもそのやりとりがすごく面白かったです。今回の収録のためにいろいろと僕のことを考えてきてくださったんだなと(笑)。楽しく収録させていただきました。

――今回の収録でおふたりの距離は縮みましたか?

北山:いや、僕は縮んでいると思いますけどね!(笑)。

三宅:……。どうだろうね(笑)。

北山:このくらいの距離感がきっと一番いいところなんだと思います(笑)。

――笠原シェフの即興の料理はいかがでしたか?

北山:おいしかったです! メニュー名が無茶ぶりなのに、あんなに納得しちゃう料理が出てくるっていうことがすごかったですね。

三宅:料理一つひとつのコンセプトが出来上がってるから、奥が深いし、目でも楽しませてくれて、味でも楽しませてくれて、常連の方々が作ったふわっとしたメニュー名から、ちゃんとその料理の中に込められた意味が分かるのはすごいなと思いました。

――MCのオードリー、ハライチの印象は?

三宅:こちらの好きなものや、トークで出てきたキーワードの中から、あんなに短時間でメニュー名の大喜利を思いつくのがすごいなと思いました。

北山:同世代と言いながらも、フィールドが全くちがう分野で活動してきて、こうやってまたご一緒できたのがうれしいなと思いました。春日さんが当時住んでいた“むつみ荘”で僕が生活をするという企画をやったことがあり、“あれがもう10年くらい前だね”なんて話もして、続けているとどこかでまた会えるんだなと思いましたね。

三宅:2組とも親しみやすい空気感があるから、いろいろなゲストの方がいらっしゃると思いますが、皆さんほっこりして、それぞれのゲストの良さを引き出してくれて、楽しく帰れる番組なんじゃないかなって思いました。次は常連さん側になりたいです!

北山:でも常連になると大喜利考えないとダメですよ?

三宅:あれはできない! ご飯だけ食べたいです!(笑)。

――視聴者の方々にメッセージをお願い致します。

北山:見どころは、健くんと僕のほぼ初絡みのところじゃないですか?

三宅:そうだね、年に1回、あいさつする程度で、本当にしゃべったことなかったもんね? 今回たまたま一緒に食事をするという企画だったので、食を通してのコミュニケーションって、誰しもが仲良くなれる手段じゃないですか? おいしいものを食べて、それを共有することが人を仲良くさせてくれると思うので、そういった意味で僕たちにとっても絶好の機会でした。この2人の絡みは新鮮だと思います。

なお前回の放送は、「芸能人言わない一言大賞2023」と題し、オダギリジョー、ガチャピン&ムックらが出演した。

PICK UP