『佐原先生と土岐くん』岐洲匠“佐原”の辛い過去が判明…寄り添う八村倫太郎“土岐”に「ステキ」【ネタバレあり】

公開:
『佐原先生と土岐くん』岐洲匠“佐原”の辛い過去が判明…寄り添う八村倫太郎“土岐”に「ステキ」【ネタバレあり】

岐洲匠八村倫太郎WATWING)がW主演を務めるドラマシャワー『佐原先生と土岐くん』(MBS、毎週木曜25:29~ほか)の第5話が、1月11日に放送。佐原一狼(岐洲)の過去に土岐奏(八村)が寄り添う姿に、ネット上で大きな反響があった(以下、ネタバレが含まれます)。

佐原は土岐に「昔話をしようか」と自身の過去を話し始めた。以前の体育祭の時に、佐原が好きな人に告白できなかったと話した件について、実は卒業式の日に意を決して思いを伝えたと言うのだ。しかし、思いは通じずフラれてしまったという。

それ以来、もう恋をすることはやめようと誓った佐原。その後、腰を痛めて水泳もやめることになった際、再びその思い人に失望されたことがとても辛かったと語る。

「みじめでなさけない自分の過去を知られるのがすごく怖い。この傷を見られるのも、昔の自分を知っているやつに会うのも怖い」と吐露し、うずくまる佐原。そんな彼の背中に寄り添った土岐は「誰だってダメな部分1つや2つあるに決まってんだろ。俺は幻滅なんかしねぇ」と言うのだった。

ネット上では「佐原先生の過去に泣けた」「土岐くんの真っすぐさが本当にステキ」「佐原先生も土岐くんを好きになるよね!」といった声が見られた。

次回、第6話は1月18日に放送される。文化祭が終了し、進路を考える時期に差し掛かった土岐。周りの友人たちが夢に向かって具体的な進路を決めている中、自分の将来についての明確な答えを持っていないことに焦りを感じ始め……。

なお民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話も配信中。

PICK UP