『蜜と毒』大谷凜香“優梨子”の行動に「ヤバすぎる」の声!不倫相手の家の前に置いたものに衝撃

公開: 更新:
『蜜と毒』大谷凜香“優梨子”の行動に「ヤバすぎる」の声!不倫相手の家の前に置いたものに衝撃

入来茉里白石隼也がW主演を務めるDRAMA ADDICT『蜜と毒』(BSテレ東ほか、毎週水曜24:00~)が、1月10日よりスタート。小坂亮平(白石)の不倫相手・小鳥遊優梨子(大谷凜香)に、ネット上で「ヤバすぎる」という声が上がった(以下ネタバレが含まれます)。

小坂マチコ(入来)は、商社勤めの夫・亮平と2人で平凡に暮らす主婦。1か月前に元の職場にパートとして復帰したばかりなのだが、ある朝、出勤しようと家を出ると、玄関前に使用済みの生理用品が落ちていた。

さらに、職場からの帰り道で「ここら辺でお手洗い借りられるところはありませんか?」と、やけに甘ったるい匂いのする香水をつけた女に話しかけられる。住宅地でもあるため近くにそんな場所もなさそうだったことから、「うちでどうぞ」と家に入れてあげたマチコ。女はマチコにお礼を述べつつ、「今日は“あの日”なので、助かりました」と言って帰って行く。

「どうしてわざわざそんなこと?」と、家の前に生理用品を落としたのも彼女ではないかと疑い始めるマチコ。そんな中、残業で遅くなると言っていた亮平が帰宅してくるのだが、彼のコートから先ほどの女の甘ったるい香水の匂いが漂ってきて……。

案の定、亮平は香水の女・優梨子と不倫していた。そんな中で迎えたマチコと亮平の結婚記念日。2人で出かける予定を立てていたのだが、急に亮平から「今日は会社に泊まることになった」と連絡が。不審に思ったマチコが亮平の会社に電話をかけると、もう帰宅したと告げられるのだった。

亮平の不倫を勘ぐっていても、幸せな家庭を壊してはいけないと我慢していたマチコ。しかし今回は我慢ならず、街中で辛そうな表情を浮かべていると、そこに会社の同僚・大塚圭介(柾木玲弥)が心配そうに駆けつけてくれる。

彼に思いを告げられたマチコは、大塚と一夜を共にしてしまい……。

SNS上では「不倫相手の女がヤバすぎる!」「アレを家の前に置くのはヤバいだろ」「不倫女から地雷臭しかしない」といった声が見られた。

次回、第2話は1月17日に放送。次の日も帰りが遅くなるという亮平からの連絡に、マチコは再び大塚の誘いに乗ってホテルに行ってしまう。

PICK UP