ロコディ堂前のピッチングフォームに「美しい」の声!スタイルの良さも際立つ

公開:
ロコディ堂前のピッチングフォームに「美しい」の声!スタイルの良さも際立つ
最新エピソードを無料視聴

ロングコートダディ堂前透が、1月9日に放送された『ロンドンハーツ×テレビ千鳥 合体3時間SP』(テレビ朝日系)に出演。スポーツテストで美しいピッチングフォームを見せる一幕があった。

今回の企画は、芸人22名が白熱のバトルを繰り広げる「芸人スポーツテスト」。堂前、相方のコットン西村真二きょん)、かみちぃジェラードン)、EXITりんたろー。兼近大樹)ら若手をはじめ、有吉弘行アンタッチャブル山崎弘也柴田英嗣​​)、ロンドンブーツ1号2号田村淳田村亮)​​ら、ベテランやレギュラーメンバーも参加した。

「50m走」や「走り高跳び」をする中、一同が挑戦したのは「ピッチングサバイバル」。15m先のパネルに向かってボールを投げて、当てられるかを競う。勝ち上がると、だんだんと的が小さくなっていく、というもの。

元野球部のエースで、最速130km/hを投げていた西村、ピッチングだけはいつも緊張してしまう山崎など、失敗する人たちも多くいる中、堂前が挑戦。

堂前はもともと少年野球をやっていて、草野球でもピッチャー経験があるという。彼のダイナミックなフォームから放たれた球は、見事にパネルに当たって成功を収めた。堂前は、決勝まで勝ち上がり、亮と一騎打ちに。堂前が90cmのパネルを当てて、そのまま優勝した。

ネット上では、堂前の快進撃に「カッコいい」「フォームが美しい」との声が。また、彼の身長の高さや、手足の長さも相まって「スタイル良すぎる」​​とのコメントがあった。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、同日に放送されたレギュラー回も配信中だ。

PICK UP