BLドラマ『好きやねんけどどうやろか』FODで配信!バツイチサラリーマンがコテコテ関西弁小料理屋店主に一目惚れ

公開:
BLドラマ『好きやねんけどどうやろか』FODで配信!バツイチサラリーマンがコテコテ関西弁小料理屋店主に一目惚れ

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、1月11日(木)24時54分から読売テレビのドラマDiVE枠でスタートするドラマ『好きやねんけどどうやろか』(毎週木曜24:54~ ※関西ローカル)が、独占配信されることが決定。地上波放送の直後から配信される。

ドラマ『好きやねんけどどうやろか』は、2013年より連載開始され、登場人物の話すコテコテの関西弁に魅了される女子が多数の人気BLコミック「好きやねんけどどうやろか」(千葉リョウコ/海王社)を原作としたドラマ。

家庭的な小料理屋を舞台に、誰とでもフレンドリーに話すことのできる肉食系関西弁イケメン店主と、東京から転勤してきてきたものの関西の空気に馴染めない真面目なバツイチサラリーマンによる、愛おしくももどかしい“ムズキュンラブストーリー”。ほんわか温まる作風と、店主の振る舞う関西グルメの数々、そして、小料理屋を中心に繰り広げられる人間模様に、この冬ほっこりすること間違いなし。また、ドラマオリジナルキャラクターの登場や、漫画では描かれなかったオリジナルストーリーが展開される。

コテコテ関西弁の小料理屋店主・松本栄枝役を簡秀吉(かん・ひでよし)、大阪転勤中の真面目なバツイチサラリーマン・曽我久志役を西山潤(にしやま・じゅん)が務める。

【ストーリー】
大阪の下町・路地裏にある、安くて美味くて家庭的なメニューを出す小料理屋「たまえ」で働く若き店主・松本栄枝(簡)。コテコテの関西弁を使う栄枝は、老若男女問わず誰にでもフレンドリーな性格。居心地の良いお店は、いつも賑わっている。そんなある日、東京から大阪に転勤してきたバツイチサラリーマン・曽我久志(西山)が、上司に連れられて「たまえ」を訪れる。初めて店を訪れた曽我の一挙手一投足から目が離せない栄枝は、彼のとる行動にキュンとし、一目惚れをしてしまい……。

PICK UP