伊東四朗×羽田美智子“凸凹父娘コンビ”が最後の捜査『おかしな刑事』

公開:
伊東四朗×羽田美智子“凸凹父娘コンビ”が最後の捜査『おかしな刑事』
最新エピソードを無料視聴

伊東四朗×羽田美智子の人気シリーズ『おかしな刑事 最終回!大千秋楽(おおせんしゅうらく)スペシャル』(テレビ朝日系)が、1月6日(土)20時から放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

たたき上げの刑事・鴨志田新一(伊東)と、エリート警視の娘・岡崎真実(羽田)という、“凸凹父娘コンビ”の活躍を描いてきた人気シリーズ『おかしな刑事』。2003年のシリーズ誕生から約20年――長らく愛され続けてきたシリーズが、ついにその歴史に幕を下ろす。なお、現在TVerでは、今作放送開始まで過去作が配信されている。

“大千秋楽”とは、舞台の用語で、長らく公演を続けてきた演目の最後の最後、最終公演日のこと。シリーズの大千秋楽を迎える伊東が放送直前、メッセージを寄せた。

『おかしな刑事』シリーズは2003年8月、「土曜ワイド劇場」枠で誕生。記念すべき第1作は『叩き上げ刑事とキャリア警視の父娘が挑む連続殺人!伊勢志摩の真珠に秘められた謎の連鎖』というサブタイトルで、伊勢志摩ロケが大きなみどころだった。以来、同枠や「日曜ワイド」「ミステリースペシャル」枠などで放送を重ね、京都を舞台に全編撮影した『京都スペシャル』2作を含めると、この『大千秋楽スペシャル』がトータルで27作目となる。

父の鴨志田が、所轄のヒラ刑事で、娘の真実が警察庁のエリート警視という逆転父娘の軽妙なやりとりは多くの人を魅了し、「日曜ワイド」枠でもトップの視聴率を記録。日曜9時という激戦区で放送された際には、話題作を押しのけて高視聴率を叩きだして話題になったことも。また、『おかしな弁護士』(2017年8月)、『おかしな弁護士2』(2018年1月)というスピンオフドラマも世に送り出した。

そして昨年12月、『大千秋楽スペシャル』の放送が情報解禁されると、「また一つ楽しみが消える」「シリーズ最終話になるの悲しいなぁ」「うわぁぁ終わっちゃうんだ! 鴨志田さぁん!!」などとSNSでも惜しむ声が多数上がった。

『大千秋楽スペシャル』では、これまで数々の難事件を解決してきた鴨志田がついに定年。これからはじまる第二の人生、団子の店を開こうと準備を進めていた矢先、大手建設会社を経営する地元の名物社長が誘拐される衝撃事件が発生。身代金として2億円分の金のインゴットが犯人に奪われてしまうが、なんとその金は大物政治家に渡す予定のウラ金だったのでは!? という疑惑が浮上する。

もう定年だからと、捜査には加わらない決意だった鴨志田。しかしこの事件に、古き良き人情が残る団地の再開発計画や、建設会社社長親子の確執が深くからんでいることが判明。放っておけない性格の鴨志田は、いつしか首を突っ込むことに――。しかも、事件は次第に奇妙な展開へとなだれこんでいき……!?

ファイナル作品とあって、鴨志田父娘の大家でもある弁護士・姉小路行人役の石井正則、鴨志田を何かと手助けしてきた弁護士・武井昭一役の正名僕蔵、東王子署刑事課係長・工藤潔役の飯田基祐、行人の“横浜の叔母様”こと三浦由紀子役の田島令子、東王子署刑事課長・坂下純次役の小倉久寛らおなじみの豪華レギュラー陣が結集。また、数々のコントライブや舞台で伊東と共演してきた三宅裕司が物語のカギを握る建設会社社長・栗山喜一郎役で登場し、伊東と丁々発止の芝居合戦を見せる。

このほか、栗山の息子役で吉村界人、娘役で内藤理沙、その婚約者役で黄川田雅哉が登場。団地の住人として遠藤久美子鷲尾真知子も名を連ねており、豪華キャストがフィナーレを大いに盛り上げる。

伊東は「私は定年を経験していませんが、“定年”にはみなさん多かれ少なかれ、ドラマがありますよね。その中でひとつ、“うんうん”ってうなずいてもらえるようなドラマを描いてもいいかなと思いました」と、鴨志田を第二の人生へと送り出す心情を告白。

伊東は常々、「ロケ先で“鴨志田さん”と役名で声をかけられるのがいちばんうれしい」とファンへの思いを語っていたが、「私は今回の作品が最終話だということが、みなさんへのいちばんのメッセージなんだと思っています。長い間、応援してくださってありがとうございました」と、長らくシリーズを支えてくれた視聴者に感謝。「三宅裕司と私、喜劇役者同士がどんなことをやるのか楽しみに見ていただきたいですね」と、ファイナル作品のみどころを語っている。

『大千秋楽スペシャル』では、鴨志田と真実の父娘関係に“今までにない変化”も――!? はたして、父娘コンビが捜査する最後の事件の真相とは!?

画像ギャラリー

PICK UP