『夫婦の秘密』臼田あさ美“穂花”や豊田裕大“雅道”と関わる人々に「怪しすぎる」【ネタバレあり】

公開:
『夫婦の秘密』臼田あさ美“穂花”や豊田裕大“雅道”と関わる人々に「怪しすぎる」【ネタバレあり】

臼田あさ美が主演を務めるドラマ『夫婦の秘密』(BS-TBS、毎週木曜23:00~)の第1話が、1月4日に放送。登場人物たちの不穏な動きに、ネット上では様々な反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

6歳年下の夫・雅道(豊田裕大)やアルバイト店員・三枝朱音(桃月なしこ)と共に、郊外で花屋「リリアス」を営む野山穂花(臼田)は、近所のカフェ「ルルド」でバリスタの小野寺真白(山下幸輝)が淹れたコーヒーを飲みながら、カフェのオーナー・植村翠(剛力彩芽)と話に花を咲かせていた。

そんなある日、穂花と雅道の写真が何者かによってSNSに投稿されてしまう。これまで夫婦での顔出しを拒んでいた穂花は、翠にその理由を吐露。医者の家系に生まれた夫の雅道は、医学部の受験に失敗したことで、両親の期待と現実に押しつぶされそうになり、家を飛び出していた。

「ここにいることがご両親にバレたら、連れ戻されちゃう。私との結婚なんて絶対に許してもらえない」という穂花に、翠は「大丈夫。もしそんなことになったら、私が2人がどれだけ素晴らしいご夫婦か証言してあげる」と勇気づける。しかし、味方として振る舞う翠だったが、裏では穂花たち夫婦にただならぬ感情を抱いていた。そして、フリーカメラマンでもあるアルバイト店員の朱音も、穂花たちを盗撮した写真を眺めて、ほくそ笑む。

一方、夫の雅道は配達先で有名フラワーアーティストの水無瀬香子(宮本真希)と出会い、香子からある取り引きを持ちかけられていた。それは、フラワー教室やイベントで使用する花の一式を「リリアス」に発注する代わりに、何でも香子の言うことを聞くというもの。雅道は微笑みながら「承知いたしました。よろしくお願いします」と香子の条件を飲むのだった。

登場人物全員が何かしらの秘密を抱えていることが示唆され、ネット上では「みんな怪しすぎる」「謎だらけ」「怖面白かった」「これからの進展が楽しみ」などの声が上がっていた。

第2話は、1月11日に放送。「あなたの夫の秘密を知っています」と書かれた手紙を受け取った穂花は、翠に相談する。

PICK UP