ピエール中野、ロバート秋山の“不倫撲滅ソング”を絶賛「表舞台出る人は全員聴いた方がいい」

公開:
ピエール中野、ロバート秋山の“不倫撲滅ソング”を絶賛「表舞台出る人は全員聴いた方がいい」
「ゴッドタン」を見る

1月3日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系、毎週土曜25:50~)は、「第21回 芸人マジ歌選手権」を開催。秋山竜次ロバート)の歌う“不倫撲滅ソング”について、「名曲すぎる」といった反響が相次いだ。

今回は審査員として飯塚悟志豊本明長東京03)、澤部佑ハライチ)、設楽統バナナマン)、ゆうちゃみピエール中野が参加し、4年ぶりに名物の“牛乳”も復活。秋山は前年の「L.A.COBRA」から「KENZENコブラ」に名前を変えて登場する。

「若手の頃から泥水すすってがんばってる人たちが一発のやらかしで終わってしまうのが心痛い」という秋山が今回披露するのは「不健全な事件をゼロにする魔法」というテーマの新曲「Are you KENZEN? 〜僕らの魔法〜」。さわやかなイントロとともにステップを踏みながら、秋山はカメラ目線で「事前にヌイトケ!」と台詞を繰り出す。

最初こそ持ちこたえていた審査員たちだが、続く「抜きゃいいじゃん! フー!」のコールに次々と撃沈。秋山は軽快なメロディに乗せて「邪念が出る前に抜きゃイイジャン」「1度抜いときゃ4〜5時間無欲さ」と歌う。

「抜かなくて溜まるから変なこと起こすんです! 抜けば絶対にそんなことなくなるから!」「みんないなくなるの嫌だよ」と叫ぶ秋山に、審査員はカメラに飛沫が飛び散る勢いで牛乳を噴射。演奏後、中野は「メロディもリズムも完璧」「内容がとにかく良い」と絶賛し、「表舞台に出る人は全員聴いた方がいい」と共感していた。

ネット上でも「息できないほど笑った」というコメントのほか、「ちゃんと歌詞が警告していて刺さる」と感心の声が上がっていた。

次回1月6日は「マジ歌未公開!」と題し、オンエア未公開シーンを含めた舞台裏の模様を放送する。

民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、昨年12月23日に放送された「マジ歌前夜祭SP」のほか、前回の「芸人マジ歌選手権」の傑作選を配信中。

PICK UP