脹相、夏油傑の亡骸に寄生する“黒幕”の正体に…『呪術廻戦』第47話の先行カット&あらすじ到着

公開: 更新:
脹相、夏油傑の亡骸に寄生する“黒幕”の正体に…『呪術廻戦』第47話の先行カット&あらすじ到着

大人気TVアニメ『呪術廻戦』第2期「渋谷事変」(MBS/TBS系、毎週木曜23:56~)。12月28日に放送される第47話(第2期23話)「渋谷事変 閉門」の先行カット&あらすじが公開された。

『呪術廻戦』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載中の芥見下々による同名コミックが原作で、2024年1月4日(木)発売の25巻をもってシリーズ累計発行部数9000万部(デジタル版含む)を突破する人気作品。“呪い”がテーマとなっており、人間の負の感情から生まれた“呪霊”と、それを祓うために立ち向かう“呪術師”との戦いを描いた物語で、2020年10月から2021年3月まで放送されたTVアニメ第1期では、国内のみならず全世界で大きな反響を呼んだ。その第1期から続く物語「渋谷事変」は、10月31日のハロウィンで賑わう渋谷駅周辺を舞台に、呪術師と、呪詛師・呪霊たちがかつてない大規模な闘いが描かれる。

第46話では、虎杖と真人の死闘に決着がついたかと思われた瞬間、「助けてあげようか」と夏油傑の皮をかぶった何者かが真人に声をかけた。瞬時に虎杖は眼前に立つその男が五条悟を封印した者と同一人物だと気づき……というシーンが描かれた。なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第25話「懐玉」、第46話(第2期22話) 「変身-弐-」が期間限定無料配信中だ。

<第47話「渋谷事変 閉門」あらすじ>
渋谷事変の最終局面に呪術師が集うなかで、脹相は夏油傑の亡骸に寄生する“黒幕”の正体に気付く。そして、絶体絶命の危機に現れた特級術師・九十九由基。九十九と“黒幕”がそれぞれ語る人類の未来(ネクストステージ)。事変の終焉が招く破滅と混乱、世界は急変する――。

画像ギャラリー

PICK UP