諏訪部順一、浪川大輔の漢字読み間違いエピソードを次々と披露「欠伸」「鍾乳洞」「華奢」を…

公開: 更新:
諏訪部順一、浪川大輔の漢字読み間違いエピソードを次々と披露「欠伸」「鍾乳洞」「華奢」を…

諏訪部順一が、12月20日に放送された『浪川んちに集合な!』(TOKYO MX、毎週水曜22:30~)にゲスト出演。浪川大輔の新たな漢字苦手エピソードを披露した。

諏訪部と番組ホストの浪川大輔は、これまで多くの作品で共演。初めて「共演」と言えるくらいしっかり絡んだ作品は『テニスの王子様』だそうで、その後、『BLEACH』などの作品で近しい関係性のキャラクターを演じるようになったという。

浪川は、そんな諏訪部とアフレコ中の印象深い出来事として、台本に書かれた「欠伸」という漢字を「これ、“けのび”って読むんですか?」と確認したという過去のエピソードを語り出す。文章の意味を考えて「どう考えても僕の(演じる)キャラは、けのびはしないだろうな」と思ったそうだが、諏訪部に確認した際、「こんな感じじゃない?」と水泳のけのびする姿勢を取って見せられたため、浪川はけのびをしているつもりで演じたのだとか。

しかし、浪川はようやく「欠伸」の読み方を理解。「諏訪部さん、あれ“あくび”だから!」と今になってやっとツッコむと、諏訪部は「知ってるよ」とキッパリ。浪川が漢字が苦手のは有名な話で、諏訪部は「鍾乳洞」を「れんにゅうどう」、「華奢」を「かきょ」と読んだという浪川の漢字間違いエピソードを次々と披露し、笑いを誘っていた。

PICK UP