佐野晶哉「Aぇ! Groupのデビュー曲にしよかな」“新語”を考える企画でワードセンス発揮

公開: 更新:
佐野晶哉「Aぇ! Groupのデビュー曲にしよかな」“新語”を考える企画でワードセンス発揮
最新エピソードを無料視聴

佐野晶哉(Aぇ! group)が、12月15日に放送された『るてんのんてる』(読売テレビ、毎週金曜24:30~)にゲスト出演。グループ内の作詞作曲を担当しているだけあり、ワードセンスを発揮する場面があった。

今回、番組内で行われた「令和新語開発委員会」は、「今の気持ちを表す言葉が思いつかない……」という状況を無くすべく、言葉のスペシャリストたちが“新たな言葉=新語”を開発するという企画。言葉のスペシャリストとして、佐野のほかにも落語やラジオで活躍する伊集院光、2021年のegg流行語大賞「きゃぱい」を生み出したゆうちゃみ、法話を競う「H1法語グランプリ」の初代グランプリに輝いた住職・安達瑞樹、日本語研究の第一人者・金田一秀穂が参加した。

まずは、お年寄りに電車の席を譲ったけど断られた時などの「良かれと思ってした行動が裏目に出たときの、なんとも言えない気持ち」を表す新語を考えることに。ここで佐野が考えたのが「ごめんねgood」。ありがた迷惑の逆の意味を持つ新語で、相手に対しては“ごめんね”だけど、自分は悪いことをしていないから“good”という言葉を掛け合わせており、伊集院は「良い!」、ゆうちゃみも「英語がオシャレ!」と絶賛した。

さらに「愛する人と離れたことで、いかに相手を愛していたかに気付くこと」を意味する新語には、佐野は「君花火」というワードを提案。「近くにいすぎたらキレイに見えないけど、離れたらキレイに見える」と意味を説明すると、ゆうちゃみはまたもや「めっちゃ好き!」と感嘆。伊集院が「次の曲のタイトルになるね」と言うと、佐野は「Aぇ! Groupのデビュー曲にしよかな!」「曲書こう!」とノリノリになっていた。

次回は12月22日に放送される。

PICK UP