勝てば甲子園!鈴木亮平“南雲”と部員たちの運命の決勝戦が始まる

公開:
勝てば甲子園!鈴木亮平“南雲”と部員たちの運命の決勝戦が始まる

鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『下剋上球児』(TBS系、毎週日曜21:00~)の最終話(第10話)が12月17日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

高校野球を通して、現代社会の教育や地域、家族が抱える問題やさまざまな愛が描かれる、ドリームヒューマンエンターテインメント。(※本作は「下剋上球児」(カンゼン/菊地高弘著)にインスピレーションを受け企画しましたが、登場する人物・学校・団体名・あらすじはすべてフィクションです)なお現在TVerでは、第1話~第3話のほかに、予告動画、高校球児役のオーディションの模様を追った『「下剋上セレクション ダイジェスト版」〜ドラマ出演をかけた熱き予選大会〜』も配信中。

先週放送された第9話で越山高校野球部は、準決勝で賀門英助(松平健)率いる星葉高校と対決する。エース・犬塚翔(中沢元紀)を控えに回し、根室知廣(兵頭功海)を先発で起用するという南雲脩司(鈴木)の判断に、部員たちは戸惑うが……。

<最終話あらすじ>
星葉高校にサヨナラ勝ちし、ついに決勝進出を決めた越山高校野球部。しかしいざ勝ち進んでも、甲子園出場には高額費用がかかることが発覚。校長の丹羽慎吾(小泉孝太郎)は地元の有力者たちを集めて皆で頭を悩ませていた。

そんなこととはつゆ知らず、南雲脩司(鈴木)の家で決勝へと決意を固める部員たち。3年生は皆、高校生活最後になるかもしれない試合、そしてその後の進路について思いを巡らせるのだった。そんな中、大学からスカウトを受けていた根室知廣(兵頭)はそのことを姉・柚希(山下美月)に言えずにいて……。さらに犬塚樹生(小日向文世)はある決意を固めていた。

そしていよいよ決勝当日。星葉高校の応援団も越山の応援のために駆けつけてくれるなど越山高校応援ムードの中、南雲と生徒たちの“日本一の下剋上”がかかった、運命の試合がスタートする。

画像ギャラリー

PICK UP