映画『バイオハザード:デスアイランド』FODで独占見放題配信!

公開:
映画『バイオハザード:デスアイランド』FODで独占見放題配信!

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、映画『バイオハザード:デスアイランド』が、12月13日(水)0時より独占見放題配信される。

『バイオハザード:デスアイランド』は、2023年7月に公開された映画で、全世界のシリーズ累計出荷本数が1億3000万本を超えるサバイバルホラーゲーム「バイオハザード」を原作に制作されたフルCG映画。

本作は、2008年に劇場公開された『バイオハザード ディジェネレーション』、2012年劇場公開『バイオハザード ダムネーション』、2017年劇場公開『バイオハザード:ヴェンデッタ』に続く、待望の新作映画となる。また今回は、ゲームで登場した歴代主人公のレオン、クリス、クレア、レベッカに加え、CG映画初登場のジルが加わり、最凶の敵に挑む。監督・脚本は、ファンからの信頼も厚い羽住英一郎(監督)と深見真(脚本)が担当し、さらに技術と映像が進歩し実写と見紛うほどのキャラの表情や動き、アクションも鋭くリアル。全編クライマックスと言っても過言ではない90分となっている。

本作の舞台となるのは、かつて刑務所として使用されていた監獄島・アルカトラズ。交わるはずのないある2つの事件の手がかりをもとめ、クリスたちは島へと向かう。この島が彼らにとって“デスアイランド死の島”になることを知らずに――。

【『バイオハザード:デスアイランド』ストーリー】
アメリカ大統領直属のエージェントのレオンは、機密情報を握るアントニオ・テイラーを拉致した武装集団の車両を追っていた。しかし、突如現れた謎の女の妨害に遭い、犯人たちを取り逃がしてしまう。一方、対バイオテロ組織「BSAA」のクリスとジル、そしてアドバイザーのレベッカは、サンフランシスコを中心に起きている、感染経路不明のゾンビ発生事件を担当していた。クレアが勤める「テラセイブ」の調査協力の結果、ウィルスの被害者全員が監獄島・アルカトラズを訪
れていたことを知り、クリスたちは島へと向かうが……。

画像ギャラリー

PICK UP