木南晴夏“田中さん”を励ます毎熊克哉“笙野”の言葉のチョイスに「憎めない」

公開:
木南晴夏“田中さん”を励ます毎熊克哉“笙野”の言葉のチョイスに「憎めない」

木南晴夏が主演を務める『セクシー田中さん』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第6話が、11月26日に放送。田中京子(田中さん/木南)を励まそうとするも、言葉のチョイスが最悪な笙野浩介(毎熊克哉)に対し、ネット上で「憎めないw」といった声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

愛子先生(未唯mie)に強引に誘われ、彼女のショーに私服&素顔で出演した田中さん。その動画が拡散され、田中さんがベリーダンスをしていることが会社で広まってしまった。

それについて心配した倉橋朱里(生見愛瑠)は、「Sabalan」を訪れ相談。しかし、ちょうどダラブッカの練習中だった笙野は「田中さんを過保護に守ろうとするけど、俺はいつも彼女のタフさに圧倒されてるよ」「コソコソと息をひそめて生きていく人じゃない」と主張する。

さらに、会社に行けず家に引きこもる田中さんの家の前に、オススメのコメディ映画を置くという優しさまで発揮した笙野。「もし本当に会社でバカにされたりネタにされているなら、それは田中さんの怠慢です。ズバリ、宣伝不足。田中さんをちゃんと知れば、田中さんを好きになりますよ」「田中さんは隠れた名作映画」と、笙野らしい励ましの言葉も繰り出す。

その言葉で、やっと笑顔を見せた田中さん。そのおかげで、田中さんはまた会社に行けるようになるのだった。

SNS上では「笙野いいやつ! 言葉選びのチョイスは最悪だけどw」「励まそうとしているのはわかるw」「憎めないとはこういう人のことを言うんだな」といった声が見られた。

次回、第7話は12月3日に放送される。朱里が小西一紀(前田公輝)と手をつないでマンションに帰った夜、仲原進吾(川村壱馬)と鉢合わせしてしまい……。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、本作の第1話~第3話も配信中。

PICK UP