齋藤飛鳥が主演を務める『いちばんすきな花』スピンオフドラマがTVer独占配信!

公開:
齋藤飛鳥が主演を務める『いちばんすきな花』スピンオフドラマがTVer独占配信!

多部未華子松下洸平今田美桜神尾楓珠の4人が“クアトロ主演”を務める木曜劇場『いちばんすきな花』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)のスピンオフドラマ『いちばんすきな花-みんなのほんね-』 「条件」が、TVer独占で配信されることが決定。11月23日(木)22時54分(第7話放送終了後)に配信される。

潮ゆくえ(多部)、春木椿(松下)、深雪夜々(今田)、佐藤紅葉(神尾)という別々の人生を送ってきた4人の男女が主人公。そんな年齢も性別も、育ってきた環境も全く違う4人がある日ふとした出来事を機に巡り会い、“友情”と“愛情”というテーマに自然と向き合っていくことになるストーリー。現在TVer・FODにて第1話から第3話までと、最新話を無料配信中。

スピンオフドラマ『いちばんすきな花-みんなのほんね-』 「条件」は、本編と同じく、生方美久が執筆。本編では出会っていない登場人物たちが巡り会うストーリーで、今まで描かれることのなかったそれぞれの心情もすくい上げた作品に仕上がっている。台詞の魅力はもちろん、このスピンオフドラマを見ることで、本編で出てきた印象的なシーンにおいて、登場人物たちが「あのときどのように思っていたのか?」が垣間見え、『いちばんすきな花』の世界をより深く楽しめる内容になっている。

スピンオフは、ゆくえの妹・このみ(齋藤飛鳥)と相良大貴(泉澤祐希)の出会いから描かれていく。ゆくえの性格とは違い、子供の頃から落ち着きがあって常に冷静で、物事を達観しがちなこのみと、好意を寄せた相手にはぐいぐい突き進み、自分の意見をまっすぐに伝える相良。そんな性格も考え方も違う2人が、ある日思いがけない出会いを果たす。2人の会話から、このみが姉・ゆくえのことを大切に思う姿や、奇跡的に出会ったゆくえ、椿、夜々、紅葉の4人の事をどう見ているか、さらには相良が抱えた夜々への思いなど本編では描かれてこなかった主人公を取り巻く人たちの思いに触れることができる“もう一つの物語”となっている。さらにゆくえも作品に登場するなど、本編とも密接にリンクした見応えのある作品となっている。

<あらすじ>
ある日、一緒に暮らしている姉・潮ゆくえ(多部)から「椿さんちでご飯食べる」「1人で好きにして~」と連絡を受けたこのみ(齋藤)。ここのところ一緒に食事をする機会も減っていたこともあり、少し不機嫌な思いになりつつも、近所のラーメン屋で食事をする事に。すると、そこに深雪夜々(今田)が働く美容院の同僚・相良大貴(泉澤)がやって来る。面識の無い2人だが、相良はカウンターに座るこのみが気になるようで、一方的に話しかけるのだが……。

PICK UP