高橋文哉“岳”、大事な客のための料理を任される!サポート役に板垣李光人“孫六”を指名

公開:
高橋文哉“岳”、大事な客のための料理を任される!サポート役に板垣李光人“孫六”を指名

高橋文哉志尊淳がW主演を務めるドラマ『フェルマーの料理』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第3話が、11月3日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

小林有吾による同名人気漫画をドラマ化した本作。数学者を志していたが、挫折した天才数学少年・北田岳(高橋)と、カリスマシェフ・朝倉海(志尊)が出会い、数学的思考で新しい料理の扉を開く。現在TVerでは第1話、ダイジェスト、制作発表なども配信されている。

先週放送された第2話では、魚見亜由(白石聖)の涙や弁当から数字が溢れ出すという演出が話題に。そこからあるヒントを掴んだ岳は、キッチンでの動きがみちがえるように変わり、ある趣向を凝らした肉じゃがの賄いを作る。ネット上では、「驚いた」「最高」「すごい演出」とのコメントがあった。

<第3話あらすじ>
ようやく「K」の一員として認められた北田岳(高橋)はほかのスタッフたちとともに赤松蘭菜(小芝風花)が作った新メニューの候補を賄いとして試食することに。蘭菜は料理界では難しいとされる肉と魚介の組合せを、旨味の相乗効果を用いて見事に調和させてみせた。試食した岳は味を数式に当てはめて逆算し、蘭菜が採用した調理法や食材を見事に言い当てる。

北田岳(高橋文哉)、赤松蘭菜(小芝風花)
北田岳(高橋文哉)、赤松蘭菜(小芝風花)

そんな岳に朝倉海(志尊)は、大事なお客様をお迎えする臨時休業日の厨房を任せることに。海がサポート役に指名したのは乾孫六(板垣李光人)。実は孫六は岳のことをまだ認めておらず、岳に名前すら教えていない。

翌日、岳は蘭菜の相乗効果のアイデアを借用して大事なお客様への一皿を完成させようとするが、なぜか計算したとおりの味にならない。そこには旨味のトラップが隠されていた。

北田岳(高橋文哉)、乾孫六(板垣李光人)
北田岳(高橋文哉)、乾孫六(板垣李光人)

そしてついにやってきたその大事なお客様は、岳の幼馴染で数学オリンピックのライバルだった・武蔵神楽(久保田紗友)とその父・魏一(堀部圭亮)だった……。

画像ギャラリー

PICK UP