HiHi Jets・井上瑞稀、男女誰にも優しいイケメン転校生を好演「嫉妬するレベル」

公開:
HiHi Jets・井上瑞稀、男女誰にも優しいイケメン転校生を好演「嫉妬するレベル」

高橋優斗HiHi Jets)が主演を務めるシンドラ『君が死ぬまであと100日』(日本テレビ、毎週月曜24:59〜)の第2話が10月30日に放送。井上瑞稀(HiHi Jets)演じる転校生・小野寺いつきの姿にネット上では「外も中もイケメン」と声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

神崎うみ(豊嶋花)の余命が“ときめかせる”ことで延ばせると気づいた津田林太郎(高橋)だったが、翌日会ったうみの余命は残り88日と大幅に減っていた。「1日1カウントのはずなのに……! 増えた反動でいっきに減ることもあるのかな」と頭をかかえる林太郎を、うみは「大丈夫だよ! 減った分またときめけばいいんだよ!」と明るくはげます。

そんな中、学校にいつきが転校してくる。イケメンで女子にモテモテな姿に注目した林太郎は、いつきからケガの手当てを頼まれたことをきっかけに「君の弟子にしてくれない?」とアタックする。いつきは「いいよ、面白そうだし」と快く引き受け、林太郎はいつきの行動をつぶさに観察。女子とのパーソナルスペースへ自然に入りつつ、ときにツンデレな態度で心を揺さぶる秀逸さに「完璧です、師匠!」と大興奮する。

「俺なんかの真似するより、うみちゃんとずっと一緒にいた林太郎くんだからできることがあるんじゃないかな」と心配するいつきをよそに、学んだモテテクの実践をさっそく試みようとする林太郎。一緒に帰ろうと誘ってきたうみに「一緒に帰りたくないな」「俺、うみのことがキライなんだ!」と必死の“ツンデレ作戦“に出るが、「……なんてね!」と“デレ”を出す前にうみは泣きながら行ってしまい、ショックで林太郎は学校を休んでしまう。

教室に姿を現さない林太郎をうみが心配していると、同級生の藤井みのり(咲耶)が話しかける。「あの大人しい林太郎くんがそんなこと言うなんて、 相当イヤだったんだね」と、みのりは林太郎との仲を揺さぶろうとするが、言葉を額面通りに受け取ったうみは林太郎の家へと向かい、カツ丼を作って看病しようとする。

突然部屋に現れたうみに驚きつつ、心を打たれた林太郎は、うみと初めて出会った日のことを思い出す。祖母が亡くなったショックで外に出られず、部屋に引きこもっていた林太郎を、うみは笑顔で連れ出し、きれいな夕日を見せてくれた──「小さい頃からうみは俺のこと助けてくれてるのに、俺は何も助けてあげられない……」とうつむく林太郎に、うみは「昨日のことも何か理由があったんでしょ?」と優しく語りかける。

「昔からうみと手をつなぐのが好きだったんだ。手をつないで、俺を外に連れ出して、どこへでも引っ張って行ってくれたから」と林太郎。「わがまま言ってもいい?」と、指を絡める“恋人つなぎ”に持ち替え、2人は幸せな時間を過ごすが、翌日うみが登校すると、ふたたびみのりが不穏な行動を見せて……。

ネット上では、“キス寸”となった2人の姿に「もだキュンした」「かわいすぎる」と興奮の声が上がる一方、「林太郎がときめいてどうする!」とツッコミの声も。意識せず女子をメロメロにしてしまう天性のイケメンでありながら、男女で態度を変えず平等に優しく接する転校生・いつきを演じた井上の姿にも「外も中身もイケメン」「嫉妬するレベル」と声が上がっていた。

番組公式SNSではいつき役・井上の誕生日である10月31日にスペシャル動画をアップ。プレゼントを持って抱きつく高橋に、井上は困ったような照れ笑いを浮かべていた。

次回、第3話は11月6日放送。人の彼氏を奪うことで有名なみのりに目をつけられてしまったうみは林太郎との仲をことあるごとに妨害されるはめに。そんななか、さらなるときめきを狙う林太郎はうみを水族館デートに誘うが、そこにもみのりが介入してきて……。

PICK UP