作間龍斗“順基”が大学の推薦を断り浪人希望!?小池栄子“万里江”はやきもきして…

公開:
作間龍斗“順基”が大学の推薦を断り浪人希望!?小池栄子“万里江”はやきもきして…

小池栄子が主演を務める水曜ドラマ『コタツがない家』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)第2話が、10月25日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

「彼女に頼めば離婚しない」という伝説のカリスマウェディングプランナーにして会社社長の深堀万里江(小池)が、廃業寸前の売れない漫画家の夫・悠作(吉岡秀隆)、アイドルを夢見るもオーディションで脱落し進路に迷う息子・順基(作間龍斗)、さらに熟年離婚で一人になった父親・山神達男(小林薫)を引き取り、ダメ男との日々にてんやわんやしながらも、時にはその温もりに涙しそうになりながら新しい家族の形を探していく、笑って泣けるネオ・ホームコメディ。現在TVerでは、予告映像やコタツ座談会SPが配信中。

前回放送第1話では、突然、万里江の父・達男が、山中で警察に保護されたという連絡が入る。達男は2年前に熟年離婚をしていて、万里江はそれを苦に自殺を考えたのかと迎えに走る。とりあえず深堀家に一泊した達男は、機嫌よく得意の料理で3人をもてなすが、やがて衝撃の事実を口にし、楽しいはずの食卓が次第に不穏な空気に。そしてそれぞれが抱えていたお互いの不満が、ここにきて大爆発! 壮絶な家族ゲンカに展開し……。

<第2話あらすじ>
深堀家に山神達男(小林)が来てから5日が過ぎた。深堀万里江(小池)は、機嫌よく家事を手伝う達男に安堵しつつも、以前は泊まることを嫌がり、ホテルを取っていたのに、なぜ今はこの家に居続けているのか……? と疑念を抱く。

そんな中、万里江の息子・順基(作間)が、大学の推薦を断ると言い出した。浪人して上の大学を目指すというが、結局何をしたいのか? という追及には、いまいちはっきりしない態度で万里江をやきもきさせる。

一方、達男はあまりに自堕落な万里江の夫・悠作(吉岡)に呆れ、その行動を逐一記録したメモを万里江に突き出す。「いつまで甘やかすつもりだ?」と非難する達男に、もう少し様子を見てほしいとお願いする万里江。当の悠作は、土門幸平(北村一輝)から、新しい漫画のテーマを提案される。

ある日、家の中で達男が買ったと思われる就職情報誌が見つかった。そして母・清美(高橋惠子)からは、達男に関する不穏な事実の連絡が入り……。

そんな中、みんなで食卓を囲む晩に、悠作に怒っている達男がそもそも2人の結婚には反対だったと言い出す。「そんなにボクのことが気にくわないのになんでウチに何日もいらっしゃるんですか?」と詰め寄る悠作に、「娘があまりに不憫だからだよ」と返す達男。深堀家の食卓は再び修羅場に! そして達男の抱えている事情が、ついに本人から明かされて……。

達男が居座る理由とは!? 万里江にさらなる苦難が降りかかる!

画像ギャラリー

PICK UP