内田理央、西野七瀬に“ライバル心”「謝らなきゃいけないことが…」記者会見で告白

公開: 更新:
内田理央、西野七瀬に“ライバル心”「謝らなきゃいけないことが…」記者会見で告白

西野七瀬が主演を務める新ドラマ『ポケットに冒険をつめこんで』(略して『ポケつめ』/テレビ東京系、10月19日よりスタート、毎週木曜24:30~)の記者会見がきょう、同局にて開催。西野のほか、笠松将平野綾世古口凌塚地武雅内田理央が出席し、本作ならではの撮影エピソードを語った。

本作は、1996年にゲームソフトとして登場以降、アニメやカードゲームなど幅広くメディアミックスを展開し、⼦供から⼤⼈まで根強い⼈気を誇る『ポケットモンスター』を原案にした初のオリジナルドラマ。誰もが⼀度は聞いたり、⽇常的に触れたりしたことがある『ポケモン』。ドラマでは、幼少期に『ポケットモンスター ⾚』を兄妹で遊び育ってきた主⼈公・⾚城まどか(西野)が、⼤⼈になって久しぶりに⼿にしたポケモンのゲームをきっかけに、⽣活に起きる⼩さな変化が描かれる。

ポケモン原作のドラマということで、撮影では“本作ならでは”のエピソードが満載。西野は「カメラの目線をテープでマーキングしてくれるのですが、そこにピカチュウの絵が描いてあって。それが日に日に増えていって、カメラフレームに5匹くらい並んでいることもありました」と撮影現場にもポケモンが溢れていたと明かす。

「ミュウツーになりたい」という笠松は、現場で共演者に「何のポケモンになりたい?」と聞いてまわっていたそう。さらに、西野とどっちがミュウツーの絵を上手く描けるか対決したそうで、「結果はSNSで判断してもらおう」となり、今後、公式SNSを通じて2人の絵が公開される予定だという。

他にも「ポケモンGO」の機能を使ってポケモンと一緒に写真を撮ったり、塚地演じる宿⾕浩⼀のデスクにいる本物のヤドカリを見て癒されたりしてていたなどのエピソードが次々と披露されるが、唯一「Adventure」(まどからが務める広告代理店)の社員ではない内田は「こんな楽しい現場だったんですね!?」と驚きの声を上げる。

まどかの幼馴染で、幼少期から彼女に対抗心を抱く⼯藤美登⾥役の内田。撮影現場でも西野を“ライバル視”してしまった瞬間があったそうで「謝らなきゃいけないことがあって。今プレイ中の『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の話をなぁちゃん(西野)としていて、“全部ポケモン捕まえたよ”って言うから、私はあと1匹だけ捕まえられていなかったのに“私も捕まえたよ”って言っちゃったんです……」と告白。西野に謝罪していた。

さらに、ポケモンにまつわる思い出を聞かれると、世古口は「転勤族だったのですが、関東地方に引っ越してきた時に『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売されて、それを学校に持っていったら友達が出来たんです」と感動的な話を。しかし、西野が「ポケモンがなかったら友達ができなかったんだね」と言い、感動を笑いに変えてしまう。「僕の人間性的にそれはない。ポケモンを通じて、友達の輪が広がったということ!(笑)」と世古口はしっかり訂正していた。

また内田も「一番やっていたのが『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル』で、どうしても伝説のポケモンを全部集めたかったけどなかなか捕まえられなくて、同じクラスの男の子が私のポッポと彼のホウオウを交換してくれたんです」と学生時代の思い出を。それを聞いた共演者たちは驚きをあらわにし、「絶対好きだったんだよ!」「なんで(その好意を)読み取らなかったの!?」とその子の気持ちを思い、内田に詰め寄る場面も。

笠松も『金・銀・クリスタル』が一番思い出に残っているシリーズだと言うのだが、平野はなんと初めて出演したCMが『金・銀』のCMだったそうで「今『金・銀』の話がすごく出てきたので、CMの効果があったんだな」と喜びを感じていた。

最後に、出演者を代表して西野が「この夏、一生懸命みんなで面白いものを作りました。期待して待っている方も多いと思いますが、その期待に応えられるものをお届けできると思います。ぜひ冒険を見守ってもらえたら」と視聴者にメッセージを送っていた。

画像ギャラリー

PICK UP