北村有起哉“優作”、若手俳優のサキと食事へ!ワインを飲みいい感じになるが…

公開:
北村有起哉“優作”、若手俳優のサキと食事へ!ワインを飲みいい感じになるが…

北村有起哉が主演を務めるドラマ『たそがれ優作』(BSテレ東、毎週土曜21:00~)が、10月7日よりスタートする。

原作は、実写ドラマ・映画化され話題となった「深夜食堂」をはじめ「四万十食堂」など数多くの食に関する作品を生み出してきた安倍夜郎の同名作(幻冬舎コミックス刊)。北村演じる主人公・北見優作は、昼は俳優、夜は酒場へと繰り出す日々の中、訪れる店で酒を酌み交わす魅力的なマドンナ達に毎度心惑わされながら食って、呑んで、ふられて、呑む。悩める五十代・優作が繰り広げる“たそがれ”ストーリーが描かれる。

<第1話あらすじ>
名脇役俳優・北見優作(北村)。バツイチ一人暮らしの団地暮らし。近所の小学生・すみれ(浅田芭路)にダメ出しをされながら台詞の稽古。

この日の撮影は刑事ドラマの犯人役。刑事役の若手俳優・月川サキ(駒井蓮)に小さいころから憧れていたと挨拶されいい気分に。撮影後、NGを連発し監督に怒鳴られ泣いて落ち込んでいたサキを慰めるため美味しいワインの店に誘う。

ワインに合う絶品料理をふたりきりで食べながらいい感じになってきたその時、サキが豹変。完全に凹んだ優作はふらりと馴染のバーともしびに立ち寄り、ママ・茜(坂井真紀)に愚痴をこぼすが……。

画像ギャラリー

PICK UP