石川恋、内藤秀一郎ら、齋藤潤のかわいさを絶賛!初記者会見で緊張する姿も『猫カレ ‐少年を飼う‐』

公開:
石川恋、内藤秀一郎ら、齋藤潤のかわいさを絶賛!初記者会見で緊張する姿も『猫カレ ‐少年を飼う‐』

石川恋が主演を務める新真夜中ドラマ『猫カレ ‐少年を飼う‐』(BSテレ東、10月7日よりスタート、毎週土曜24:00~)の記者会見が、10月5日に同局にて開催。石川をはじめ、齋藤潤坂田梨香子内藤秀一郎が出席する中、全員が齋藤のかわいさを絶賛する場面があった。

電子コミックとして累計発行部数約15万部を突破し、「今一番報われてほしい年の差恋愛」として多くの読者を魅了する、青井ぬゐ原作の人気コミック『少年を飼う』(ゼノンコミックス/コアミックス)をTVドラマ化した本作。30歳の独身OLと16歳の猫系男子の同居生活を描いた、ホーム・スイート・ヒューマンドラマだ。残業や深夜帰宅は当たり前、結婚ラッシュどころか終電にすら乗れない日々を送っている森川藍(石川)が、猫のようにマイペースな少年・凪沙(齋藤)と出会い、日常が少しずつ変わっていく様子が展開する。

齋藤は今回が人生初めての記者会見。登壇前にはずっと「緊張する」「やばい」と言っていたそうで、緊張が他3人にも伝わり、全員「(緊張が)うつっちゃったじゃん(笑)!」と冗談交じりに齋藤にクレームを訴える。

現場でもそんな齋藤にみんな構いっぱなしだったようで、内藤は「原作を読んで、凪沙から目が離せなくなっちゃって。“こんなかわいい子いるのかな?”と思って現場に入ったのですが、潤くんを見て“雰囲気も一緒だ!”と思いました。現場でもずっと、かわいいかわいいって言っていました(笑)」と。坂田も「初対面で、挨拶する前に“かわいい!”って言っちゃいました」と、メロメロだったようだ。

また、齋藤と一番関わる役どころの石川は「14歳離れている少年との共同生活はなかなか想像がつきにくく、演じるのが難しいなと感じていたのですが、潤くんが凪沙くんとしていつも隣にいてくれて、引っ張ってもらいました」と齋藤のおかげで役を掴めた部分があったと告白。「一緒にお芝居をしていくことによって、凪沙くんに受け取るものを大事にして、自然とお芝居ができていったのかなと思います。本当に藍と凪沙のような関係を、リンクして作っていけました」と語った。

撮影中のエピソードでも、再び齋藤の話に。坂田は「凪沙くんの表情がクルクル変わるので、猫みたいで目が離せなかったです」と撮影中もずっと齋藤に注目してしまったとのこと。内藤は休憩中に「高校生って何にハマってるの?」と齋藤に聞くと、「炭を作っています」と渋い回答が返って来たのだとか。母親と一緒に竹を燃やして炭を作るのにハマっているそうで、それを聞いた内藤は「今の16歳ってこういう趣味なんだってビックリしちゃって。今の高校生が怖くなりました(笑)」と、その時を振り返る。

そんな齋藤は、石川とのシーンが印象に残っているそう。「藍さんが寝ているシーンだったのですが、段取りから撮影までの30分間ずっと石川さんは体制を変えずにいて。本当に寝てたんですよね(笑)。そのまま撮り終えました」と明かされると、石川は「目を開けたら終わっていました(笑)。記憶のないシーンがドラマに組み込まれていると思うと、恐怖です」と語り、記者の笑いを誘っていた。

<第1話あらすじ>
森川藍(石川)が30歳の誕生日の夜、泥酔して自宅に帰ると、玄関前に少年が座り込んでいた……。翌朝、我に返ると隣に見知らぬ少年が眠っていることに気付く。

酔った勢いで少年を家に連れ込んでしまったと思い愕然とする藍だったが、やがて彼は16歳の高校生・遠野凪沙(齋藤)で、自分と意外な関係性があることがわかる。

猫のようにマイペースな凪沙に戸惑う藍だったが……。

画像ギャラリー

PICK UP