向井理“孔明”、フェスという名の戦に勝つため毒を煮込む!?

公開:
向井理“孔明”、フェスという名の戦に勝つため毒を煮込む!?

向井理が主演を務めるドラマ『パリピ孔明』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)の第2話が10月4日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される(※バレーボール中継のため、放送時間変更の可能性あり)。

原作は、累計発行部数160万部突破の「ヤングマガジン」(講談社)にて現在も連載中の大人気コミック「パリピ孔明」(原作:四葉タト、漫画:小川亮)。中国三国時代の天才軍師・諸葛孔明(向井)が現代の渋谷に若かりし姿で転生し、歌手を目指す一人のアマチュアシンガー・月見英子(上白石萌歌)のために、魔法のような作戦を考えては、彼女の前に立ちはだかる壁を軍師のごとく切り崩し、成功に導いていくサクセスストーリー。劉備役で出演するディーン・フジオカが、ナレーションも担当する。なお現在TVerではアニメ版も配信中。

先週放送された第1話では、現代の渋谷に転生した孔明が英子に出会い、その歌声に魅了され、軍師(=マネージャー)を申し出るところが描かれた。ネット上では歌声を披露した上白石、菅原小春アヴちゃん関口メンディーのパフォーマンスが話題になっていた。

<第2話あらすじ>
諸葛孔明(向井)が月見英子(上白石)を売り出すべくブッキングしたのは、アートフェスでのライブだった。しかし英子のブースは一番端。しかもその向かいは人気インディーズバンド・JET JACKETのブースだった。不安になる英子だが、孔明は「この戦、勝てますよ」と意味ありげに微笑む。

その頃、JET JACKETのギターボーカルのRYO(森崎ウィン)、ドラムのMASA(高尾悠希)、キーボードのTAKU(松延知明)の3人はスタジオで練習していた。しかし、RYOの様子がおかしく、練習を早々に切り上げて、1人で帰ってしまう。それを孔明が近くで見ていて……。その後、孔明は寝泊まりしているBBラウンジの倉庫に引きこもる。オーナーの小林(森山未來)と英子が中をのぞくと、卓上コンロで何か毒々しいものを煮込んでおり、倉庫には異臭が漂っていた。毒ではないかと怪しむ2人だが、孔明は取り合わない。

アートフェス当日。RYOにあいさつする英子と孔明の元に、小林が「機材トラブルが起きた」と告げに来る。慌ただしく去っていく3人を見て、余裕の顔になるRYO。そしてJET JACKETのライブがスタートする。果たして孔明と英子は、アートフェスでのライブを成功に導くことができるのか――!?

画像ギャラリー

PICK UP