高橋ひかる“朱莉”と眞島秀和​​“浅海”が急接近!複雑化する謎に「考察も怖い」

公開:
高橋ひかる“朱莉”と眞島秀和​​“浅海”が急接近!複雑化する謎に「考察も怖い」

高橋ひかるが主演を務める『ハレーションラブ』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第7話が、9月16日に放送。ネット上では、謎が深まるばかりの物語に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

藤原昴(一ノ瀬颯)に拉致された深山朱莉(高橋)を助けようと、浅海恭介(眞島秀和)や巡査の加賀孝之(猪塚健太)​​がやってきた。しかし、朱莉が昴をかばったため、事件化されることはなかった。

その後、朱莉のもとを訪ねた昴は彼女に頭を下げて謝罪。彼は、槙田柚生(吉村界人)を殺していないとし、嫌がらせも自分ではないと訴えた。

ある日、朱莉たちが大学の授業を受けていると、生前の槙田が拘束されている動画、そして朱莉が拘束された動画が、生徒たちのスマホに届く。どちらの動画にも、昴の声が聞こえる。確かに昴自身が録画したものではあるが、拡散したのは昴本人ではないらしい。

朱莉が家に帰り、ふと天井を見上げると大量の短冊が貼られていた。外に飛び出した彼女に声をかけたのは、浅海だった。そんな彼の家に一時避難することに。複雑な思いを抱える朱莉に、浅海は優しく寄り添い、頭を撫でる。そしてキスをして……。

浅海に送ってもらったあと、小田桐真美(内藤理沙)に声をかけられた。彼女は、出回った動画について「あの動画が漏れて一番得したのは誰だと思います? こんな状況になってあなたが助けを求めたのは? 浅海さんですよね。ひどいことを考える人って、案外近くにいるものなんですよ。気をつけてくださいね」と忠告した。

ネット上では、ますます混沌を極める展開に「波乱だ」「全員ホラー」「考察も怖い」とのコメントがあった。

次回は9月23日に放送。槙田が殺された日時を知った朱莉は、昴の潔白を証言するため警察へ向かう。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1〜3話、ダイジェストが配信中。

PICK UP