篠原涼子「テレビ東京さんの勢いがすごい!」W主演の山崎育三郎とゲストで登場『ハイエナ』

公開: 更新:
篠原涼子「テレビ東京さんの勢いがすごい!」W主演の山崎育三郎とゲストで登場『ハイエナ』

テレビ東京は9月15日、同局にて「10月 編成説明会」を実施。10月20日(金)よりスタートする新ドラマ8『ハイエナ』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)でW主演を務める篠原涼子山崎育三郎がゲストとして登壇した。

同ドラマは、2020年に韓国で大ヒットした弁護士ドラマの金字塔『ハイエナ-弁護士たちの生存ゲーム-』をリメイク。「勝つ為なら手段を選ばない雑草魂の弁護士」=結希凛子(篠原)と「法曹一家に生まれたエリート弁護士」=一条怜(山崎)の対照的な2人が、生き馬の目を抜くような生存競争を繰り広げる。また、法曹界での生き残りを賭けたスリリングな展開に加え、大人のラブストーリーも程よくブレンドされた、ただの法廷モノではない見応え深い物語となっている。

司会の狩野恵里(テレビ東京アナウンサー)から、撮影状況について聞かれると、篠原は「ものすごく順調で、現場はとても和やか。ロケもあるので、いろいろなところに行くのですが、普段ひとりで行けないところなどにも行けて面白いです」とニッコリ。山崎は、「涼子さんとのシーンが多いので、2人の距離感が縮まっている気がします」とアピールすると、篠原は一拍おいて「聞き流しちゃおうと思ったよ(笑)」と、茶目っ気たっぷりに山崎をいじる。

昔から知り合いの2人だが、お芝居においては今回が初共演となる。山崎の出演するミュージカルを観に行ったことがある篠原は「歌も本当にお上手で。今回共演できて感激です」と喜びを伝えた。

また、同ドラマの台本について篠原は「もともとの作品(韓国ドラマ)を見ていたのでストーリーは知っていましたが、台本をいただいたときに“日本らしさを大切にして描かれているな”と思いました」と。山崎は「リーガルサスペンスとして面白いです。2人の関係性が、どんどん変化していきますしね。僕の役は、韓国版と比べると、もう少し繊細に描かれていると思います。凛子に出会って、怜は変わっていくんですが、そこも見どころになると思います」と説明。

ここで狩野から「弁護士という役どころですが“世間に伝えたいこと”はありますか?」と質問が飛ぶと、篠原は「一番感じるのは『テレビ東京さんの勢いがすごい!』ということ。すごい勢いでぐいぐい来るので、わかりましたから! 一緒にがんばりますから! と、勢いに乗せられて。鼻息が荒いです。なんて(笑)。みなさん一丸になってやっているという感じがするので、是非ご覧いただきたいです」と“テレ東の情熱”を代弁した。

一方の山崎は、「『僕、今年、甲子園で歌ったよ!』って記事に書いてほしい」と熱弁。もともと野球少年で、現在も草野球チームに所属している彼は、甲子園で大役を務めたことについて感慨深げ。

続いて狩野は、「『ハイエナ』は獲物を横取りすることも……。横取りしたい才能はありますか?」と質問。篠原は、「自分の努力が必要だと思いますが、英語が喋れるようになりたいです」と述べ、以前、映画のアフレコの仕事で戸田奈津子と出会ったときに、戸田が英語でいろいろな人と友達のように喋る様子を見て、そのように思ったという。

山崎は、先のエピソードで野球心に火が付いたのか「古田敦也さんのキャッチャーの能力! 僕のキャッチャーミットには古田さんのサインが入っていて」と、目を輝かせながら嬉しそうに語る。

そして、最後に狩野から「噛みついたら離さない『ハイエナ』。いつも持ち歩いているものはありますか?」と問いが。

篠原は、「ミネラルウォーター。一日2~3リットルは飲むように心がけています。水がないと『大丈夫かな?』と思うくらいに大事。特に現場の時は不安になりますね。あとは、ボディクリームとかを。保湿が大事ですよね」と、欠かせないものとして教えてくれた。

反対に山崎は「ものはあまり持たない」と。代わりに「気持ちの面で言うと、応援してくださっている方への思い」をあげ「舞台で育ったので“お客様がいてステージに立てる”というのがあるので、楽しみに待ってくれている対象がいるんだという思いは、持つようにしていたい」と感謝を述べた。

山崎のこの気持ちを聞いた篠原は、「育三郎さんは、本当に思いやりの強い方。マイナス点がどこにあるのかと思ってしまうくらい弱点が無い。私の持ち歩いているものが“ミネラルウォーター”って、ねぇ……(笑)。と、恥ずかしそうにしていると、山崎は、「カラスが弱点」と明かし、笑いを誘った。

最後に篠原は「とても爽快なドラマになっています。1話ごとの終わり方が、次が見たくなるようなラスト。(絶賛撮影中なので)早くいろいろなキャストの方とお芝居をしてみたいです。育三郎さんとの掛け合いも見ていただきたいので、みなさまよろしくお願いします」とあいさつ。

山崎は「台本が本当に面白くて、あっという間に読んでしまいました。エンタメの要素がたくさん詰まっていて。笑いから涙まで……篠原さんの七変化がすごいです。ふり幅の広い作品になっているので楽しみにしていただきたいと思います」と力強く語った。

画像ギャラリー

PICK UP