佐藤大樹“康祐”、美山加恋“早苗”のキス現場を目撃しショック!

公開:
佐藤大樹“康祐”、美山加恋“早苗”のキス現場を目撃しショック!

佐藤大樹(FANTASTICS)が主演を務めるドラマL 『around 1/4(アラウンドクォーター)』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:55~)第8話が、9月9日・10日に放送される。

同ドラマは、かつてのバイト仲間だった新田康祐(佐藤)、平田早苗(美山加恋)、橋本明日美(工藤遥)、横山直己(松岡広大)、宮下一真(曽田陵介)が、25歳前後(アラウンドクォーター:略してアラクオ)を迎え、それぞれが直面する“25歳の壁”、そして“恋の分岐点”にフォーカスを当て、悩み傷つき過ちを繰り返しながらも、自分なりの乗り越え方を見つけていく恋愛群像ストーリー。なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~最新話、ダイジェストなどが配信中。

前回第7話では、サパークラブの馴染みの客・丸山真吾(渡辺いっけい)からホテルに連れ込まれそうになっている目黒瞬(阿久津仁愛)を助けた直己。瞬を部屋に連れ帰った直己は、瞬からの「なんであんなことしたの?」という問いかけに対し、胸の内を明かす。高まった感情を瞬にぶつける直己は、「お前のことわかりたいって思っている自分が、しんどい」と吐露。そして、「じゃあ、俺を焦らせてみてよ」と挑発する瞬の唇を奪い、そのまま一夜を共にするが……。直己と瞬のストーリーに、ネット上では「泣けてきた」「切ない」「素敵なキスシーンだった」などの声が寄せられた。

<第8話あらすじ>
平田早苗(美山)と元カレ・林健太(三宅亮輔)がキスをしているところを人知れず見てしまった新田康祐(佐藤)。「男は勝手だっていうけど、女だってたいがい身勝手だ」。心の中で慟哭する康祐。折しも、3か月前に別れた元カノ・ユナ(安倍乙)からの着信が入る。早苗のキスの光景を拭いきれない康祐は、失意の中でユナと会い二人でホテルへと向かう。

一方の早苗は、久しぶりに2人で会っても成長も変化もない健太に対して、ヨリを戻すことはないと決意していた。「もう戻れないよ。私は前に進みたいから」実は寸前でキスを断っていた早苗。それは長すぎた8年間に対しての決別だった。

その頃、宮下一真(曽田)は、カットモデルをしてくれた沢口あかり(里々佳)と2人で食事にきていた。自分よりも先にスタイリストとなって活躍している彼女・美和(福室莉音)に感じている負い目を語り始める一真。美和に対してやましさを感じながらも、あかりに惹かれていく一真だったが……。

橋本明日美(工藤)は、恋人の正(平岡祐太)と会えない日が続いていた。「正さんは、私には絶対にウソはつかない」そう信じていた明日美だったが、洋一(吉澤要人)からの思いがけない言葉に……。

画像ギャラリー

PICK UP