一ノ瀬颯“昴”、高橋ひかる“朱莉”を拉致監禁!15年前の火事について問い詰める

公開:
一ノ瀬颯“昴”、高橋ひかる“朱莉”を拉致監禁!15年前の火事について問い詰める

高橋ひかるが主演を務める『ハレーションラブ』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第6話が、9月9日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

平和だと思っていた街と人……実は、その全てが見せかけものだった――!? テレビ朝日ドラマ初主演の高橋×新進気鋭の脚本家・若杉栞南が初タッグを組んだかつてない衝撃の美しいラブサスペンス。なお、現在TVerでは、最新話に加え、第1話~第3話、ダイジェスト動画が配信中。

前回第5話の放送で、15年前の事件当日に深山朱莉(高橋)が撮影していたフィルムを母・深山那津子(濱田マリ)が隠し持っていたことが判明。那津子はそのフィルムのせいで、火事に朱莉が関わっていたと疑われることを恐れたため、朱莉を守りたい一心で警察には提出せずに隠していたことを明かすが……。

<第6話あらすじ>
15年前の火事の日に撮ったフィルムが見つかったことを知った藤原昴(一ノ瀬颯)が、深山朱莉(高橋)を拉致監禁! 倉庫の中で手足を縛られた状態で朱莉が目を覚ますと、まるで別人のように冷めた笑顔を見せる昴が、今日が兄・晶の命日である7月7日=七夕であることを告げる。

そして昴は、兄を失った悲しみや、兄が放火犯として扱われ、自分たちも放火犯の家族として受けてきた苦しみをぶちまけ、全ては兄と一緒にいた朱莉が当時のことを隠し、忘れたためだと責め立てる。さらに、ライターを持って写真に写っていた朱莉が実は放火した張本人だと疑う昴は、ナイフを手に、当時空き家で何があったかを朱莉に詰め寄る。

すると、そこへ探偵の小田桐真美(内藤理沙)が突如現れる。小田桐は状況を知っているようで、驚きもせずに床に散乱した写真の中からある1枚の写真をポケットにしまうと、昴と言葉を交わして立ち去ってしまい……。

一方、朱莉が大学の授業を欠席していることに不安を覚えた浅海恭介(眞島秀和)は、朱莉の母・深山那津子(濱田)の元を訪ねると、昨晩から朱莉が帰ってきていないことを知る。那津子に警察に連絡するように伝えると、浅海も自ら朱莉を探し始める。

画像ギャラリー

PICK UP