間宮祥太朗“健人”、父親から山崎紘菜“皐月”を結婚相手に勧められ…

公開:
安藤皐月(山崎紘菜)、水島健人(間宮祥太朗)
安藤皐月(山崎紘菜)、水島健人(間宮祥太朗)

森七菜間宮祥太朗がW主演を務める月9ドラマ『真夏のシンデレラ』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第10話が9月11日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、真夏の海が舞台の男女8人恋愛群像劇。海辺で一緒に生まれ育った“海辺のシンデレラ”である女友達3人組と、東京で親の期待に応えて一流大学に入学し、それぞれの道へ進むも優等生な日々を送る男友達。住む世界の異なる男女が真夏の海で運命的に出会い、複雑に交錯した感情や本音をぶつけ合いながら成長していく姿が描かれる。森と間宮のほかに神尾楓珠吉川愛萩原利久白濱亜嵐仁村紗和水上恒司らが出演する。現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェスト、制作発表会見も配信中。

先週放送された第9話で、夏休みを取ることになった蒼井夏海(森)は、水島健人(間宮)、牧野匠(神尾)、安藤皐月(山崎紘菜)の4人でライブに出かける。その後匠は、夏海に「夏海と一緒にいたい」と告白する。一方、滝川愛梨(吉川)は佐々木修(萩原)からの毎日の電話に悩み、「しばらく連絡は控えよう」と告げる。

<第10話あらすじ>
蒼井夏海(森)と水島健人(間宮)は、デートで江ノ島水族館を訪れる。健人は「夏海の大好きな場所に、2人で来られて嬉しい」と喜んだ。水族館の後、健人は夏海を別荘に誘った。本棚には夏海のために用意したたくさんの漫画が並んでいた。約束を覚えていた健人に笑顔を見せる夏海。そこで健人は、夏海に一輪のヒマワリを手渡し「俺と付き合ってください。これからも夏海と一緒にいたい」と交際を申し込む。2人は、お互いの気持ちを確認し合う。

水島健人(間宮祥太朗)、蒼井夏海(森七菜)
水島健人(間宮祥太朗)、蒼井夏海(森七菜)

東京に戻った健人は、父親でもある水島建設社長の創一(小市慢太郎)から呼び出される。安藤皐月(山崎)も一緒だった。創一は、健人のチームに皐月が加わり、成果が上がっていることを喜んでいた。そこで創一は、健人にそろそろ身を固めたらどうかと切り出し、皐月が相手なら安心だと言い出す。健人は、そんな創一に、将来を考えている相手がいるから紹介したい、と返す。

一方、滝川愛梨(吉川)は、自分から言い出したこととはいえ、佐々木修(萩原)から連絡がこなくなったことを気にしていた。

画像ギャラリー

PICK UP