美山加恋“早苗”、求めても応えない佐藤大樹“康祐”にショック

公開:
美山加恋“早苗”、求めても応えない佐藤大樹“康祐”にショック

佐藤大樹(FANTASTICS)が主演を務めるドラマL 『around 1/4(アラウンドクォーター)』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:55~)第6話が、8月26日・27日に放送される。

同ドラマは、かつてのバイト仲間だった新田康祐(佐藤)、平田早苗(美山加恋)、橋本明日美(工藤遥)、横山直己(松岡広大)、宮下一真(曽田陵介)が、25歳前後(アラウンドクォーター:略してアラクオ)を迎え、それぞれが直面する“25歳の壁”、そして“恋の分岐点”にフォーカスを当て、悩み傷つき過ちを繰り返しながらも、自分なりの乗り越え方を見つけていく恋愛群像ストーリー。なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~最新話、ダイジェストなどが配信中。

前回第5話では、泥酔した早苗を家まで送った康祐。一緒にいた直己とも別れ帰宅するつもりだったが、早苗のことが気になり、差し入れを持って再び部屋を訪れる。すると早苗は泣いていて、悩みや不安を吐露しはじめ……。彼女の気持ちに寄りそう康祐に、ネット上では「ただただ優しい」「康祐の事好きになるでしょ」「ドキドキです」などのコメントがあがっていた。

<第6話あらすじ>
「私のこと、気持ちよくして」。
「俺、早苗が思うような人間じゃないから」。

カラダを受け入れ、求めても応えない新田康祐(佐藤)に対して、内心ショックを受けていた平田早苗(美山)。そのことを橋本明日美(工藤)に打ち明けると、早苗に手を出さなかった康祐に感心しつつも「早苗はどうしたいの?」と問いかけられ、早苗は惑う。

閉店後の美容院では、アシスタントたちがカットの練習会を行っていた。そこには、宮下一真(曽田)が、沢口あかり(里々佳)を相手にシャンプー&ブローをする姿があった。だが、その仕上がりに対して、「全然ダメ」という店長からの厳しい指導がはいるのだった。

その帰り道、急遽モデルをかって出てくれたあかりの優しさと美しさに触れた一真は、食事に誘う。だが帰宅後、同棲している彼女・美和(福室莉音)を前にしたときあかりのことが頭をよぎる。

数日後、明日美はいつもの4人を「NONKI」に呼び出した。康祐と早苗のことを気にかけながらも、それぞれの恋愛事情を聞いて回る明日美。しかし、いざ自分の恋について聞かれると言葉を濁らせ……。

画像ギャラリー

PICK UP