堺雅人​​“乃木”、別班のメンバーに自分の父親がテントのリーダーだと打ち明ける

公開:
堺雅人​​“乃木”、別班のメンバーに自分の父親がテントのリーダーだと打ち明ける
「VIVANT」を見る

堺雅人が主演を務める日曜劇場『VIVANT』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第7話が8月27日に放送、および民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

主人公・乃木憂助(堺)が働く丸菱商事の誤送金事件がきっかけで巻き起こる、完全オリジナルストーリーのアドベンチャードラマ。現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェストが配信中。また本作の演出を務める福澤克雄に密着したドキュメンタリー『ザ・スピリット~演出家・福澤克雄~』も配信中。

先週放送された第6話では、乃木と黒須駿(松坂桃李)は保釈された太田梨歩(飯沼愛)にアリ(山中崇)から受け取った数字の解読をさせる。一方、ジャミーン(Nandin-Erdene Khongorzul)の手術が成功。乃木と柚木薫(二階堂ふみ)が急接近して……。

<第7話あらすじ>
ブルーウォーカー・太田梨歩(飯沼)の協力で、テントのサーバーからある重要な情報を得ることに成功した乃木憂助(堺)たち。そんな中、乃木、黒須駿(松坂)をはじめとする6名の“別班”精鋭部隊が、司令・櫻井里美(キムラ緑子)の下に集結した。

目的は、テントの最終標的である日本での犯行を未然に防ぐこと。そこで乃木は別班メンバーに、テントのリーダー、ノゴーン・ベキ(役所広司)が自身の父であり、元公安の警察官だったと打ち明ける。

徐々にテントへと近付いていく乃木たち別班、そして、チンギス(Barslkhagva Batbold)と手を組み、乃木を徹底的にマークする野崎守(阿部寛)たち公安。テントの真相を暴き、日本を守るのはどちらか――。

画像ギャラリー