出産を終えた福原遥“有栖”の前に八木勇征演じる元カレが現れる!

公開:
出産を終えた福原遥“有栖”の前に八木勇征演じる元カレが現れる!

福原遥深田恭子がW主演を務める火曜ドラマ『18/40~ふたりなら夢も恋も~』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第6話が8月15日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、夢に向かって歩きはじめた18歳の妊婦と、もうすぐ40歳で恋は後回しなアートスペシャリストの年の差を超えたシスターフッド(=女性の絆)や、2人の訳あり男子との恋模様を描くラブストーリー。福原と深田のほかに鈴鹿央士上杉柊平八木勇征(FANTASTICS)、松本若菜安田顕らが出演する。なお現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェスト、完全ガイドなどが配信中。

先週放送された第5話では、仲川有栖(福原)の出産シーンに感動する視聴者が多く、ネット上で「涙なしでは見られなかった」「泣いた〜」「出産シーンの演技がリアルで驚いた」といった声が寄せられた。

<第6話あらすじ>
無事出産を終えた仲川有栖(福原)はもちろん、成瀬瞳子(深田)も有栖の父・市郎(安田)も海の可愛さにメロメロだった。

瞳子も有休を取り有栖とともに幸せな時間を共有していたが、有給が明け職場に戻ると、外れていた会社10周年プロジェクトのリーダーに戻れと社長から急に告げられる。子育てと復職してからの急な忙しさに自分の恋愛を後回しにしていた瞳子は、「落ち着いたら会いたい」という加瀬息吹(上杉)からの連絡に返事をできずにいた。

一方有栖は、瞳子の手を借りられず子育てに疲れが出始めていた。限界に近づきそうなその時、瞳子の母・貴美子(片平なぎさ)が子育てを手伝うため上京してきた。救世主の登場に、ようやく落ち着き始めたそんなある日、有栖はうっかり貴美子へ瞳子と加瀬の関係について口を滑らせてしまう。加瀬の存在を全く知らない貴美子が驚いたその時、偶然遊びにきた黒澤祐馬(鈴鹿)が機転を利かせ、なぜか3人で瞳子の背中を押すことに!

そのころ加瀬は、瞳子と同じ名の榊原透子(北香那)が新人として現れ、教育係にさせられ一緒に行動することになる。さらに、急にカナダから帰国した有栖の元カレ・麻生康介(八木)が有栖の前に現れた。有栖と瞳子の生活が落ち着きはじめた矢先、恋愛事情では嵐の予感が……。

画像ギャラリー

PICK UP