増田貴久、浮所飛貴からの尊敬の思いに疑念?「かわいくていいヤツなんですけど…」『ギフテッド Season1』インタビュー

公開:
ドラマの1シーン
ドラマの1シーン

増田貴久さん(NEWS)が主演を務め、浮所飛貴さん(美 少年/ジャニーズJr.)と共演するドラマ『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ ギフテッド Season1』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)が8月12日にスタートします。

「金田一少年の事件簿」などで知られる天樹征丸原作による本作は、並外れた推理力や洞察力、論理的思考を持つ天才刑事・天草那月(増田さん)と、生まれながらに、目視によって“殺人者”を識別できる才能<=ギフテッド>を持つ高校生・四鬼夕也(浮所さん)がバディを組み、様々な難事件に挑む本格ミステリーです。

同じ事務所の先輩後輩でもある2人は、インタビュー中も息ぴったり。現場の雰囲気やお互いの印象、さらにはドラマ現場への差し入れ事情まで、たっぷりと語ってくれました。

浮所飛貴は頼もしいパートナー

――まずは、お互いの印象を聞かせてください。

増田:浮所はカウントダウンライブで1年に1回会うたびに「増田くんのイヤモニってどこのブランドですか?」って聞いてきて。次の年に「美 少年だとまだそのレベルは使えなかったので、違うブランドのやつを買いました!」みたいなやり取りを3年やって、4年目にしてようやく共演できました(笑)。懐に入ってくるスピードがすごく速いので、現場をいつも盛り上げてくれていますね。僕も距離感を縮めるのは上手い方だと思いますけど、それを通り越してすごいです。1話ごとにいろいろなゲストの方が出てくださるので、「みなさんが入りやすいように」と浮所も気にかけてくれていて、頼もしいパートナーだなと思います。

浮所:増田くんは本当に優しくて、話をしっかり聞いてくれて、いろいろと教えてくれます。それに、早朝からすごいボケてくれるんですよ。メイクさんに「増田くんと浮所くんは毎朝コントしてるよね」って言われるくらい、笑いに溢れた現場です。ミステリーなので重い話もあるんですけど、だからこそ裏で明るい雰囲気を作り上げてくれるのが増田くんで。ゲストの方が入りやすい雰囲気作りを何よりも意識していらっしゃるんだなと節々から感じて、とても頼りがいのある、大きい背中を見せてくれる大先輩です。

――演じる役柄と、ご自身が似ているところはありますか?

増田:天草那月は自分に自信があって、自己愛が強い。人のことも好きだし、いろいろなことに興味があるというのは、結構重なる部分があります。僕も自分のことを自分が一番認めていて、だからこそ人にも優しい、みたいな部分はあるかなと思うんですけど、それを自分で言うとちょっと気持ち悪いかな。

浮所:気持ち悪くないです! 僕が夕也くんと似てるところは運動神経ですかね。夕也くんは古武術ができるので、アクションシーンが各所に散りばめられています。僕も小中高と体育が得意で、バク転もバク宙もできるし運動神経には自信があるので、そこは夕也くんと唯一似てるところかなと思っています。

NEWSメンバーからの差し入れに疑問!?

――撮影現場の雰囲気はいかがですか?

増田:重いテーマを扱うことも多いので、笑い声が響き渡るような現場ではないのかなと思っていたんですけど、楽しく撮っていいシーンや休み時間には、和気あいあいとしています。外はものすごく暑いけど、監督がアイスを差し入れてくれたり、また別の監督がかき氷を差し入れてくれたり。NEWSのメンバーからは、すっごく暑い日に……洋菓子。メンバーは(外の撮影だと)わからないからしょうがないけど、僕は感謝しながらもタイミングが……(笑)。

浮所:差し入れの話で言うと、増田くんからの差し入れの量が半端じゃないです。飲み物もそうですし、食べ物もそうですし、最近は『ギフテッド』のTシャツと、(腕を触りながら)サンバイザー?

増田:アームカバーね。

浮所:『ギフテッド』って書いてあるアームカバーをいただきました。増田くんが全部柄も考えてくださって、スタッフさんもほぼみんな愛用しています。そういう差し入れのおかげもあって、みんなで仲良く、温かく、楽しい現場になっているなと思います。

浮所飛貴、増田貴久
浮所飛貴、増田貴久

――お互いの役のカッコいいところを教えてください。

増田:夕也は“鬼の眼”という、殺人犯を視ると影がかかって見える能力を持っているので、影を見た夕也の“目の寄り”があるんですよ。照明さんもカメラさんも目を印象的にカッコよく撮っているので、僕もやってほしいなぁと思ってます。

浮所:毎話毎話、那月さんが目を閉じて頭の中で事件を整理するんですけど、その後に目を開けて、「見つけたよ、君が、証明するよ、君が視た」……ん?

増田:ちょっと!「見つけた。証明するよ、君が視たものを」だけど、もう言えてないのでダメです。違うのをください。他のカッコいいところもいっぱいあるでしょ? 唯一のカッコいいところを言おうとしてミスって……先輩だぞ?(笑)。

浮所:すみません、すみません!『名探偵コナン』でいうと「真実はいつも一つ」みたいな決め台詞でカッコいいです。

増田:そこは『金田一』って言って(笑)。

自分が天才と感じる部分は“コミュニケーション好き”なところ

――(笑)。那月は天才刑事ですが、ご自身で“自分のここが天才だな”と感じるところはありますか?

浮所:僕はめちゃくちゃポジティブ人間なので、周りの人みんなをハッピーにすることができます。ネガティブな気持ちを吹っ飛ばす明るさがありますし、“コミュニケーション好き”なところは天才です。

増田:僕は人との出会いとか、お仕事との出会いのようなものは、天才的だったから今があるとは思いますけど、天才ではないからこそ、一つひとつのお仕事をずっと頑張ってきました。だから、天才だなと感じることは一切ないです。彼は言ってましたけど。

浮所:僕もないです!(笑)。

ドラマの1シーン
ドラマの1シーン

――毎日一緒にいるようになって見えてきた、意外な一面はありますか?

増田:人懐っこいし、かわいくていいヤツなんですけど、意外に僕のことを尊敬してないです。意外とっていうか、全然尊敬してない。

浮所:してますって!

増田:じゃあ、ジャニーズで尊敬してる先輩1位は?

浮所:中島健人(Sexy Zone)くん。

増田:2位は?

浮所:櫻井翔くん。

増田:3位は?

浮所:佐藤勝利(Sexy Zone)くん。

増田:……すごく好きそうな感じは出してくるんですけど、「俺のことそんなに好きじゃないな」というのは感じましたね、この2、3か月で。

浮所:いや好きです、好きです! 僕は増田くんがすごく綺麗好きな方っていうのは知ってたんですけど、たとえばお風呂は入浴する時間より掃除にかける時間の方が長いと聞いて。T字のヤツ(水切りワイパー)でシュパシュパやって、さらに壁を拭いて……というのを毎回されるんですって。もう信じられなくって!

増田:今、声大きくなってたよ? あと、それドラマに関係ないからね?(笑)。

浮所:たしかに。ドラマ現場のことでいうと、アイスコーヒーばっかり飲んでます。水を飲んでるところは見たことがない。

増田:飲んでるわ!

浮所:飲んでます?(笑)。そういう自分の好きなものに対する熱は、人よりも突出してるなと思います。

ドラマの1シーン
ドラマの1シーン

――今回はバディ役をということで、お互いに“バディ”を感じる瞬間はありますか?

増田:撮影インしてすぐに、昼休憩のときに車で休んでいたら「隣いいですか?」って僕の横に座って、ずっと携帯とか見てるんですよ。

浮所:やっぱりバディということで、少しでも増田くんの生態というか、生き様を知りたいなと思ってお邪魔しました。しばらくそれが続いたんですけど、増田くんは僕がいると休めないので、さすがに申し訳ないかなと思って最近は控えるようにしてます。でも、今話を聞いた感じだと嬉しそうなので、また再開しようかなと。

増田:ちょっと今、荷物がすごく多いので。

浮所:これ、毎回言い訳に使ってくるんです!

増田:松島聡(Sexy Zone)くんが誕生日にくれた大きな絵をまだ持って帰れてなくて車に置いてあるので、聡ちゃんに助けられています(笑)。あと「増田くんはコーヒーが好きって聞いたので、コーヒー買ってきました!」って車に来た日があったんですけど、窓を開けたときに僕、コーヒーを飲んでたんですよ。「ありがとう」と言って半分くらい残しちゃいました。

浮所:えええー! 飲み切ってないんですか!?

増田:でも、それがかわいいなって。警察官と高校生がバディを組むという面白さを、自分たちなりに「こういうふうにした方が伝わりやすいよね」という話もして、一緒に作品を作ってるなと感じながら。プライベートの話よりは、基本的にはこのドラマの話をしています。

浮所:だから、今後はプライベートの話をどんどん掘っていきたいと思います。

増田:1回、「ご飯連れてってください」と言われて、焼肉に行ったんです。そしたら「増田くん、もっと深く話したいんでもう1軒行きましょう」って言うので、タクシー代を渡して帰しました(笑)。「僕ん家に行きたい」って言うから、頼むから帰ってくれって。なのに全然帰らないんですよ。だからタクシーに乗せて、運転手さんにお金を渡す、みたいな。

浮所:そうなんです。なので、それ(増田家訪問)が実現したときには、またこうして取材をお願いします!

(取材・文:nakamura omame)

■増田貴久 スタイリスト:内田あゆみ (creative GUILD)ヘアメイク:坂部めぐみ
・靴(CACF 20AFER)¥134,200(Alden/株式会社ラコタ)

■浮所飛貴 スタイリスト:内田あゆみ (creative GUILD) ヘアメイク:服部幸雄(メーキャップルームプラス)
・ジャケット(CULLNI)¥50,600(CULLNI/Sian PR)
・シャツ(Tie Dye SH)¥48,400(PR01)
・靴(DS-009)¥35,200(DUSK STUDIO)

■クレジット問い合わせ先
株式会社ラコタ
〒104-0044
東京都中央区明石町 明図ビル3F
TEL:03-3545-3322

CULLNI FLAGSHIP STORE /クルニ フラッグシップ ストア
〒153-0042
東京都目黒区青葉台1-15-2AKビル3 B1
TEL:03-6416-1056
12:00~19:00 水曜日、木曜日定休

PP01
〒150-0044
東京都渋谷区円山町28-8#305
TEL:03-6427-6875

DUSK STUDIO
〒1110051
東京都台東区蔵前3-6-3 1F
TEL:03-6804-5855

画像ギャラリー