武田梨奈『ワカコ酒 Season7』夏放送など新たなチャレンジも「変わらないワカコを演じたい」

公開: 更新:
武田梨奈『ワカコ酒 Season7』夏放送など新たなチャレンジも「変わらないワカコを演じたい」

7月3日からBSテレ東にて放送がスタートする『ワカコ酒 Season7』(毎週月曜24:00~)オンライン記者会見が行われ、シリーズ通して主人公・村崎ワカコを演じている武田梨奈、ワカコの母親・ヒトミ役として本作に出演している島崎和歌子、小林教子プロデューサー、浦小雪(OP曲アーティスト)と荒井麻珠(ED曲アーティスト)が参加した。

本作は、新久千映によるコミックを2015年に連続ドラマ化した人気シリーズのSeason7。主人公の26歳OL村崎ワカコが、美味しい料理を肴に気ままに酒を飲む姿が描かれる。

長期に渡るシリーズ。武田は「初めてワカコを演じたのは23歳のときでしたが、いまは32歳になりました」と照れくさそうな表情を見せると「26歳のワカコの日常をずっと描いている作品なので、とにかく変わらないワカコを演じたいという思いでした」と語る。

これまでのシーズンは冬や春先の放送が多かったが、Season7は夏の放送になる。武田は「夏ということでスタミナをつけて暑い夏を乗り切ろうというメッセージもあるんです。その意味では、ウナギの天ぷらやレバニラは本当においしくて、お酒も進み、明日の活力になるような映像をお届けできているのでは」と本シリーズの見どころに触れる。

小林プロデューサーは「7作目ということで新たなことにも挑戦しています」と語っていたが、第10夜ではワカコとワカコの母親・ヒトミが一緒に親子旅行をするというエピソードもある。

ヒトミを演じた島崎は「もともと新久先生の原作マンガが好きだったんです。ワカコというタイトルを見たとき、『これは私のことかな』と思ったぐらい」と笑うと「でも主人公は20代と聞いて、(主人公ではなくても)何かの形で出られたらな~とずっと思っていたんです。それが今回ワカコのお母さんという役をいただけて、とっても嬉しいです」と念願だったことを明かす。

武田も「私もモデルは島崎さんなのかなと思っていたんです」と語ると「実際Season1の放送がスタートしたとき、ツイッターなどでも島崎さんの名前がたくさん出ていたので。お母さん役というのはとても恐縮なのですが、ご一緒できてとても嬉しいです」と笑顔を見せていた。

会見後半には、原作者の新久から「あれとあれよという間にSeason7を迎え、嬉しい限りです。視聴者さまはもちろん、ワカコを演じてくださっている武田梨奈さんをはじめ、愛を持って作品を作ってくださっている皆様のおかげです。いつも本当にありがとうございます。夜の街も少しずつではありますが、明るさを取り戻しつつある中、この作品がわずかでもお酒を楽しむお手伝いになれば幸いです。今回も、日常に加えて、少し遠出をする回や、ワカコの身近な人の登場など横の広がり、とあるキャラクターの旅立ちなど縦の広がり、奥行きの出た世界でのワカコを非常に楽しみにしております。今回も美味しいお酒を用意して、ゆっくり見たいと思います」とコメントが届く。

武田は「視聴者の皆さんに見ていただくことがとても楽しみでなのですが、その前にまずこの作品を生んだ新久先生にしっかり伝わらなければ進めないという気持ちがあるので、楽しみにしてくださっていることが分かって嬉しいです」と喜びを口にしていた。

撮影開始よりお酒が強くなったという武田。これまではあまり偏りなく飲んでいたが、最近はスモーキーなウイスキーなどもたしなむようになったというと「私たちスタッフは、ご覧になってくださる皆さんの明日の活力になればいいなと思って現場で撮影していました。それがコロナ禍になったとき、『生きる希望をもらいました』というメッセージをいただくことが多くなって……。自分たちが想像している以上にこのドラマが何か皆さんの生活のなかに浸透しているんだなと感じられて、すごく救われた気持ちになりました」と変化を述べる。

最後に武田は「美味しいご飯を見て、こういう料理を食べたいなとか、今週も頑張ろうっていう気持ちになっていただけたら嬉しいなと思うので、ぜひ気軽に見てください」とメッセージを寄せていた。

画像ギャラリー

PICK UP